« ton paris | Main | 梅棹忠夫語る »

March 20, 2011

茂田井武

よるめざめたとき はぢめての世界をみた ふしぎな生生とした国が 四方八方に一ぱいにみえた みえたとおもえた それは私が 子供になっていたからだった

「茂田井武」茂田井武著・構成広松由希子(河出書房新社) ISBN: 9784309727066

昭和・大正の子供文化を伝えるビジュアル叢書「らんぷの本」の、思い出の名作絵本シリーズの1冊。絵雑誌「キンダーブック」で小川未明の童話に寄せた絵から、残された画帳、幼い娘に贈った手作り絵本までを、豊富な図版で紹介している。

大きな積み木で遊ぶ子供たちの姿、仮装行列する動物……。どの絵にも、子供の目から見た世界というものが溢れている。遊びに夢中になる躍動感とか、動物とも平気で会話できちゃうような感覚。
15年ほどの短い間に、数多くの子供向けの本の仕事をしているけれど、ほとんど残っていないという。通常の単行本に比べて粗末なつくりであることが多いうえに、読み手の子供が成長するにつれ、忘れられる運命だからだろう。残念このうえない。

友人であったコラムニスト山本夏彦や、次女・後藤暦さんの文章、評伝などを収録。(2011・3)

« ton paris | Main | 梅棹忠夫語る »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 茂田井武:

« ton paris | Main | 梅棹忠夫語る »