« そういうものだろ、仕事っていうのは | Main | 茂田井武美術館 記憶のカケラ »

March 03, 2011

日本人の坐り方

点茶の作法の歴史を辿っていくと、必ずしも「正坐」が正しい基準であったわけではない。

「日本人の坐り方」矢田部英正著(集英社新書) ISBN: 9784087205817

元体操選手で、姿勢について研究しているという著者が、歴史的に日本人がどんなふうにすわってきたのか、を探る。

巻末の「おわりに」によると、「畳で30分で読めるような本を」というリクエストにこたえた著作だそうだ。たしかに絵巻、浮世絵などの図版が豊富で、するする読める。のっけから、江戸時代の茶道指南書ではいかにも行儀悪そうな「立て膝」が認められていた、といった蘊蓄が披露されていて、なかなか興味深い。
私たちは正式なすわり方といえば「正座」が常識なんだと、なんとなく思っている。では、いつから、どのようにして、そうなったのか?

時代が幕末までくだってくると、けっこうリアルな写真が残っているのも面白い。身分の高そうな武士の登城シーンで、そばに控えている家臣が見事なヤンキー座りをしている図なんか、ちょっとびっくりします。(2011・2)

« そういうものだろ、仕事っていうのは | Main | 茂田井武美術館 記憶のカケラ »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本人の坐り方:

« そういうものだろ、仕事っていうのは | Main | 茂田井武美術館 記憶のカケラ »