« 「銀漢の賦」 | Main | そういうものだろ、仕事っていうのは »

February 24, 2011

マイナス・ゼロ

それらの音の全部を圧して聞こえてくるのは、通行人の足音だった。土曜日の午後とあって、人通りが多い。その人たちの半数近くが和服で、ゲタをはいているのである。

「マイナス・ゼロ」広瀬正著(集英社文庫) ISBN: 9784087463248

発端は大戦末期の東京。空襲のさなか、浜田少年は隣に住む「先生」から最後の頼みを託される。言葉通り18年後、その場所に足を運んだ31歳の浜田の前に出現したのは、なんとタイムマシンだった。

1970年刊行で、日本SF史で記念碑的と言われる時間旅行もの。2008年に復刊して話題になっていた作品を、ようやく読んだ。SNS「やっぱり本を読む人々。」選定120冊文庫の1冊でもある。

明朗快活なエンタテインメントですね。500ページの長編の中に、タイムマシン・パラドックスとか、誰が誰やらのどんでん返しとかの仕掛けがぎっしり。そして何といっても、主人公が昭和38年から誤ってスリップした先の、昭和7年の東京という舞台が、実に生き生きとしていて楽しい。

銀座4丁目の和光はまだ工事中。目抜き通りを、下駄履きの人々が大勢歩いている。自動車のスペックやら風俗、ものの値段までこと細かく再現していて、読者も一緒に「戦前」を体験する気分を味わえる。空襲による壊滅とその後のめざましい復興、経済成長をへた1970年からみて昭和初期の東京というのは、失われた、けれどどこか記憶の隅にある、懐かしい光景だったのだろう。

浜田は昭和7年の慣れない世界で、知り合った気の良い鳶のカシラの助けを借り、なんとか暮らし始める。カシラ一家とのユーモラスなやりとり、冒険と恋。迷い込んでしまった過去も、なかなかいいものだ。
とはいえ、ひたすら過去に回帰する雰囲気はない。そのあたりは、やはり時間旅行を扱ったジャック・フィニイとは違う味わいだ。戦後、急速に進歩した日本製家電製品について語るときの、ちょっと誇らしい感じとか、私たちはよりよい世界をつくることができる、という楽観が全編に流れている。読んでいて、明るい気持ちになる(私はフィニイも好きだけど)。

著者は本作発表のわずか2年後に急逝してしまった。1977年に河出書房新社から全集が出たときの、その死を心から残念がる星新一の解説付き。(2011・2)

« 「銀漢の賦」 | Main | そういうものだろ、仕事っていうのは »

Comments

coco2さん☆こんばんは
昭和初期の街の描写がステキですよね!
まるで写真を見ているような気持ちになってしまいました。
かつてバンドマンだったり、モデラーだったりした経験が小説にも反映されていて、細部まで見事に描写してました。
たった6冊、されど6冊、是非全部読んでくださいね!

Rokoさん、そうですか、読むべきですか!
ジャズとか車とかについて、語り出したら止まらない感じが、とっても好感が持てました。次はツィスかな~

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference マイナス・ゼロ:

» 『マイナス・ゼロ 改訂新版』 広瀬正 [Roko's Favorite Things]
マイナス・ゼロ 改訂新版posted with amazlet at 08.08 [Read More]

« 「銀漢の賦」 | Main | そういうものだろ、仕事っていうのは »