« マイナス・ゼロ | Main | 日本人の坐り方 »

February 26, 2011

そういうものだろ、仕事っていうのは

「体が温まったら、休む元気も出てくるさ」

「そういうものだろ、仕事っていうのは」重松清、野中柊、石田衣良、大崎善生、盛田隆二、津村記久子著(日本経済新聞出版社) ISBN: 9784532171049

「働く」を共通テーマに、6人の人気作家がリレーした短編集。

同じテーマで、こうも違うかと言うぐらい、それぞれの個性が出ていて面白い。重松さんは定年後、よりによって駅の立ち食い蕎麦屋に再就職した(というかアルバイト)父に対する、息子の複雑な思いを、丹念に描いていてホロリとさせる。かと思えば津村さんはごくごく普通のカイシャの、半径5メートルの人間模様をコミカル、かつ的確に描き出して痛快。

味わいは違うけれど、必ずどこかに共感のタネがしこまれている感じだ。日経電子版掲載の小説シリーズ第1弾。(2011・2)

« マイナス・ゼロ | Main | 日本人の坐り方 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference そういうものだろ、仕事っていうのは:

« マイナス・ゼロ | Main | 日本人の坐り方 »