« 「平穏死」のすすめ | Main | マイナス・ゼロ »

February 12, 2011

「銀漢の賦」

(源吾よ、わしはまだ戦っておるぞ)
 将監は胸中でいまは疎遠となっている旧友に語りかけると、反対意見を述べるために膝をのり出した。

「銀漢の賦」葉室麟著(文春文庫) ISBN: 9784167781019

西国の小藩、月ヶ瀬藩に3人の若者がいた。才気煥発な側用人の子息、小弥太(のちの将監)と、同じ剣術道場に通う男気ある源吾、そして百姓の身分ながら自立心旺盛で勉強熱心な十蔵。運命に翻弄された40年と、たとえ道はわかれても変わりえない思いを描く。

評判が高い時代小説を、ようやく読んだ。期待通りの面白さ。270ページと決して長くはないのだけど、ぎっしりとエピソードが詰まっていて、かつちっとも重苦しくない。

時代小説に慣れないせいか、前半はけっこう複雑に感じる。10代からの3人の足跡と、取り巻く人間関係に藩内部の熾烈な権力闘争や、親子2代にわたる様々な確執、秘めた恋が錯綜する。もっとも、文章の歯切れがもの凄くいいので情景にひたり過ぎることなく、テンポ良く読んでいく。

130ページを過ぎたあたりから、がぜん事態が動き出してページを繰る手が止まらなくなった。50を過ぎ、辣腕の名家老とまでうたわれた将監が、命を賭した大勝負を企てる。源吾は20年前のある事件を機に長らく絶交していたのに、将監の熱意に触れて、いささかあきれつつも巻き込まれていく。
ここまで来る間には、人に言えないような策謀を巡らしたこともある、妻子を泣かせたこともある。そうして白髪まじりになった、いい年をした男たちが、それぞれの譲れない思いを胸に抱えて、峠のいただきを目指すのだ。痛快で爽やかで、泣けます。

漢詩が、若い日々と現在とを結ぶキーになっている。その格調の高さ、清冽さが、なんとも効果的。脇役の魅力も見逃せません。例えばどうしようもなく俗物だけど、したたかで憎めない源吾の女婿、伊織。潔いばかりでなく、人間くさい登場人物が物語に厚みを与えている。松本清張賞受賞。(2011・2)

« 「平穏死」のすすめ | Main | マイナス・ゼロ »

Comments

こんにちは。
あー、これは面白かったです。
普段時代小説はあまり読まないのですが、
堪能いたしました。

つづけて葉室麟さんを何冊か読みましたが、
いまのところこの「銀漢の賦」が一番かな。

木曽さん、こんにちは。
一番でしたか。SNSで知って読んだんですが、正解だったんですね~

たまたま電車で読んでいるときに、Ipodで「サムライソウル」を聴いていて、あまりにぴったりで笑っちゃいました。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「銀漢の賦」:

« 「平穏死」のすすめ | Main | マイナス・ゼロ »