« 2010年ベスト | Main | デフレの正体 »

January 16, 2011

スローターハウス5

わたしは知的生命の存在する三十一の惑星を訪れ、その他百以上の惑星に関する報告書を読んできた。しかしそのなかで、自由意志といったものが語られる世界は、地球だけだったよ

「スローターハウス5」カート・ヴォネガット・ジュニア著(ハヤカワ文庫)  ISBN: 9784150103026 

第二次大戦末期の1945年2月、米兵捕虜としてドイツ東部で「ドレスデン爆撃」を経験したビリー・ビルグリムの人生。

半自伝的といわれる、あまりにも有名なSFを手にとってみた。280ページと、意外にさほど長くない。けれど、ストーリーはとても要約しづらい。

戦後、検眼医として穏やかに暮らしているビリーが、何故だか時間旅行者となって、過去と未来を行ったり来たり。はたまた空飛ぶ円盤で、科学技術が高度に発達した「トラルファマドール星」に連れ去られたり。まるでおもちゃ箱をひっくり返したようなはちゃめちゃさだ。全編が、ビリーが1986年にシカゴで撃たれる瞬間、頭を駆けめぐる脈絡のない回想、もしくは妄想のようにもみえる。

気の良い一アメリカ人の、どこか軽薄で、整理されていない人生。1969年にこの小説が出版されたとき、まだドレスデン爆撃は広く世に知られていなかったという。そう考えると、あまりにも衝撃的な体験と人間存在の不条理は理屈抜きに、そんなビリーの人生に託すしかなかったのかも、と思えてきた。
登場するトラルファマドール星人は宇宙を理解し、過去も未来も見通しているという。なんとも虚無的な世界観が印象的だ。伊藤典夫訳。

« 2010年ベスト | Main | デフレの正体 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference スローターハウス5:

« 2010年ベスト | Main | デフレの正体 »