« 叫びと祈り | Main | スローターハウス5 »

December 30, 2010

2010年ベスト

2010年のあとわずか。今年もあまり沢山は読めませんでしたが、印象的な本が数々ありました。…というわけで、個人的ベストをメモ。まずフィクション10冊は、

1、「掏摸」中村文則
2、「ラスト・チャイルド」ジョン・ハート
3、「横道世之介」吉田修一
4、「音もなく少女は」ボストン・テラン
5、「小さいおうち」中島京子
6、「シューマンの指」奥泉光
7、「天地明察」冲方丁
8、「俺俺」星野智幸
9、「時の娘」ジョセフィン・テイ
10、「あんじゅう 三島屋変調百物語事続」宮部みゆき

今年の新刊でないものも、古典も混ざってますが、振り返ると特に国内の作家については、個性が強烈で、記憶に残る本が多かったような。だから、順序はほとんど意味ないですね。
徹頭徹尾スタイリッシュな「掏摸」、愛らしさ全開の「横道世之介」、そして「シューマンの指」の技巧、「俺俺」の気持ち悪さ。いずれも格別でした~
海外ミステリはジョン・ハート、ボストン・テランに、ぐいっとねじ伏せられた感じ。

ノンフィクションは、フィクション以上に読書量が少なかったのが悔しいですが、とりあえず5冊。

1、「逝かない身体」川口有美子
2、「単純な脳、複雑な『私』」 池谷裕二
3、「地球最後の日のための種子」スーザン・ドウォーキン
4、「戦後世界経済史」猪木武徳
5、「たまたま」レナード・ムロディナウ

ちなみにSNS「やっぱり本を読む人々。」選出「120冊文庫」からは「雪沼とその周辺」堀江敏幸、「しゃべれどもしゃべれども」佐藤多佳子と、未体験の作家を読了。
読書会の課題本では、「言の葉の樹」アーシュラ・K・ル・グィン、「時の娘」ジョセフィン・テイ、「お菓子と麦酒」サマセット・モーム、「絹と明察」三島由紀夫を。こうしてみると、自分としては結構、いろんな分野にチャレンジしたかもしれません。

まだまだ2010年の話題作、気になる本の中に、読み切れていない本がたくさんあって、楽しみは来年に持ち越しです。それから、来年はもっとノンフィクションを読みたいなあ。

« 叫びと祈り | Main | スローターハウス5 »

Comments

おはようございます。
『あんじゅう』は、噂違わず面白い作品でした!今後が楽しみです。

私も、今日、年間のマイベストをUPしますが、吉田さん、中島さんをあげています。
ともに、素晴らしい作品でした。

ゆうさん、コメント有り難うございました。
「あんじゅう」は抜群の安定感でした~

ベスト、楽しみにしてます!

こんにちは。
「掏摸」がベストワンですか。
COCO2さんのフィクションベスト10のうち
2,3,5,6,7,8,9を読んでますが、
第1位を読んでません・・・。
ぜひ読んでみます。

「音もなく少女は」も読まなきゃ。

木曽さん、既読が見事にかぶってて嬉しい。
というより、私が木曽さんに教わって読んでるんでした、はは。

そんななか、1位は裏をかいて…ってわけじゃないんですが、なんとなく、こうなりました。

で、私の2011年の最優先課題は「螺旋」ってことで決定! 来年もよろしゅうに。よいお年を~

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2010年ベスト:

« 叫びと祈り | Main | スローターハウス5 »