« あんじゅう | Main | 「地球最後の日のための種子」 »

December 10, 2010

「シューマンの指」

「僕が弾くわけないさ。だって、弾く意味がない。音楽はここにもうある」

「シューマンの指」奥泉光著(講談社) ISBN: 9784062163446

留学中の旧友・鹿内から受け取った手紙には、信じられないことが書かれていた。ザクセンで開かれたコンサートで、永峰修人がピアノを弾いたという。そんなはずはない。彼はまだ高校生だったあの夏、不幸な事件で大切な指を失ったのだから…。

シューマン生誕200年の年に書きおろされた、評判の音楽ミステリを読む。全編を通して、どこからともなくピアノの音が響いてくるような、不思議な空気感を楽しんだ。

物語のほとんどは、里橋優が自ら修人との思い出を綴った手記で占められている。里橋は音大を目指していた高校時代、下級生の修人と知り合う。彼は当時、すでに早熟の天才ピアニストとして名をはせていたものの、なぜか人前で演奏することを避けている。里橋にピアニストらしい情熱をみせるのは、もっぱら敬愛するシューマンの音楽性を分析してみせるときだけだ。繊細な指を譜面に走らせながら、修人が熱く語る完璧な音楽というものに、いつしか里橋も魅入られていく。

前半はどこか無邪気な青春時代の回想を装っているけれど、じわじわと物語の世界が歪んでいく。まるで作曲家、音楽評論家として活躍しながら、精神のバランスを失っていったシューマン、その人の人生のように。そして後半には血なまぐさい展開、あっと驚く結末が待ちうけるのだ。

完璧な芸術は、それを切実に求める人の心の中に確かに存在するのだけれど、決して手で触れることができない。なんて悲劇なのか。アクロバティックな技巧を見せつけつつ、読む者にどこか切ない余韻を残す。この手腕は、さすがです。実は恥ずかしながらシューマンについて、「トロイメライ」ぐらいしか知らなかったけれど、ユーチューブで演奏を検索しながら堪能。鍵盤のデザインの装丁もお洒落。(2010・12)

« あんじゅう | Main | 「地球最後の日のための種子」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「シューマンの指」:

« あんじゅう | Main | 「地球最後の日のための種子」 »