« 街場のメディア論 | Main | ドキュメントひきこもり »

October 24, 2010

マルガリータ

みげるは南蛮に行きさえしなければ、あのような酷い生涯は送らずにすんだのでございます。

「マルガリータ」村木嵐著(文藝春秋) ISBN: 9784163295107

帰国した千々石ミゲルはなぜ、4人の天正遣欧少年使節のうちただ一人、棄教したのか。彼は生涯、誰を思って生きたのか。

信長から秀吉、そして徳川の治世へ。支配者の変遷、大名たちの生き残りをかけた権謀術数に、ミゲルと日本のキリシタンたちが翻弄されるさまを、約300ページにわたり丹念に描く。痛ましい迫害、時にはすすんで殉教を選んでしまう信者たちの心根には出口が見えず、読んでいて息苦しいほどだ。
一度は心の支えと思ったものが、時代によって否定されることの悲痛。ヨーロッパからきた宣教者たちの思惑さえ絡み合う。それを長きにわたり、みているしかなかったミゲルの妻、珠(たま)が、ありったけの疑問をぶつけるクライマックスに迫力がある。

著者は司馬遼太郎夫人、福田みどりさんの個人秘書という経歴です。松本清張賞受賞。(2010・10)

« 街場のメディア論 | Main | ドキュメントひきこもり »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference マルガリータ:

« 街場のメディア論 | Main | ドキュメントひきこもり »