« 「光媒の花」 | Main | 「しゃべれどもしゃべれども」 »

September 05, 2010

「舞姫通信」

「思い詰めて、どこが悪いんだ」

「舞姫通信」重松清著(新潮文庫) ISBN: 9784101349114

研究に挫折し、しかたなく教師に転じた27歳の岸田。赴任した女子校では十年前、みずから宙に踊った「舞姫」という生徒のことが伝説となっていた。

ずっと積んでいた文庫を読んだ。簡単に解決の道が見えるわけではない、生真面目な空気は、この著者らしい。でも、名前の覚えが悪い教師と気まぐれな女子高生たちという、さほど深くはない人間同士のつながりに、一筋の光明が差す。

解説はなくて、かわりに著者による「文庫版のためのあとがき」がついている。それによると、フリーラーターとしての初仕事は岡田有希子に関する本だったという。そして、この作品の単行本が出たのは、いじめの問題がクローズアップされていた1995年。さらに10数年がたっても、若者が抱える悩みや、希望なき衝動は決して癒されていないけれど、私たちは諦めずに、しつこく考え続けるしかないのかもしれない。(2010・9)

« 「光媒の花」 | Main | 「しゃべれどもしゃべれども」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「舞姫通信」:

« 「光媒の花」 | Main | 「しゃべれどもしゃべれども」 »