« 「戦後世界経済史」 | Main | 「再起」 »

February 25, 2010

「天地明察」

「日と月を、算術で明らかにするか」
 ますます不思議そうな酒井だった。かと思うと、やけに淡々とした、あるいは澄んだような目で春海を見た。
「天に、触れるか」

「天地明察」冲方丁著(角川書店) ISBN: 9784048740135

四代将軍、家綱の時代。幕府に仕える碁打ちの後継者に生まれながら、改暦という一大事業に乗り出した渋川春海の半生。

爽やかな物語だ。終盤こそ、目的達成のため政治的な駆け引きが繰り広げられるものの、全編を通して登場人物たちは皆びっくりするくらい一途。ひたすら算術を極め、天体を観測し、挫折を繰り返しながらも一歩一歩、信じられる暦というものに近づいていく。
正直、前半はちょっと爽やかすぎるかな、という物足りなさが頭をよぎる。しかし中盤過ぎ、春海と孤高の天才・関孝和との一途同士の対面シーンでははからずも 涙。単行本470ページ余の長さだが、軽みがあるからちっとも長く感じさせない。

1600年代の日本人の知恵には驚かされる。和算で日蝕の日付やら地球の公転の軌道やらをはじき出す。不勉強なせいもあるけれど、いちいち「おおっ!」と驚く。
さらに気分がいいのは、天才学者であれ政治家であれ、それぞれの人物がなすべきことをなすという、まさに天の配剤を目の当たりにする感じだ。例えば老中、酒井。今で言えばたぶん内閣総理大臣のような地位に上り詰めながら、常に淡々とした態度で平和国家の礎を築いていく。奢らず、かといって卑下もせず。人として、こうありたいものです。そのへんが作家のメッセージなのでしょうか。2010年本屋大賞第1位、第31回吉川英治新人賞受賞。(2010・2)

「天地明察」冲方丁  本を読む女。
最近読んだ本 『天地明察』 冲方丁著 りょうかんのブログ

« 「戦後世界経済史」 | Main | 「再起」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「天地明察」:

« 「戦後世界経済史」 | Main | 「再起」 »