« 単純な脳、複雑な「私」 | Main | 「お菓子と麦酒」 »

January 28, 2010

「逝かない身体」

リラックスしているときは顔を見ればすぐわかる。明らかに肌がさらっとしていて涼しげだ。

「逝かない身体」川口有美子著(医学書院) ISBN: 9784260010030

英国駐在の金融マンの妻として、また二人の子の母として、ロンドン郊外で充実した日々を送っていた著者に突然、不穏な知らせが届く。母が重篤な神経難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)と診断されたのだ。そこから始まった、長い在宅介護の日常と、強靱な思索の記録。

非常に冷静で、知的な印象のある本だ。テーマとなっているのは、年間の発病が10万人あたり2人という希少な病。しかも病状が進むと、意思表示の力さえ奪われるという苛酷さだ。病人本人はもちろん娘である著者、そして周りの人々には想像を絶する様々な葛藤があったろう。

しかし著者は日々の介護の、きわめて実際的な工夫や知恵の記述のほうに、けっこうページを割いている。意思表示できない病人の体温をきちんと調節することとか、ちょっとした汗の理由を読み取ることとか。時には健全なユーモアさえ含んで、等身大の体験が淡々と描かれる。だからこそ、壮絶なまでの絶望とたくさんの涙、そこから掴み取ったある確信が、実感をもって読むものに迫る。

社会や家族の役割、生きる意味というものを、長い時間をかけて考え抜いた著者は、次第に視線を外に転じていく。ホームページを通じて全国に散らばる同じ境遇の患者や家族を励まし、自ら介護事業所を立ち上げ、やがては大学院に学んで論文を書く。介護を続けながらの、驚くべき行動力。その、やむにやまれぬ思いの一端に触れれば、誰しも泣いてなんかいられないのだ。大宅壮一ノンフィクション賞受賞。(2010・1)

« 単純な脳、複雑な「私」 | Main | 「お菓子と麦酒」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「逝かない身体」:

« 単純な脳、複雑な「私」 | Main | 「お菓子と麦酒」 »