« 「逝かない身体」 | Main | 「白馬山荘殺人事件」 »

January 31, 2010

「お菓子と麦酒」

つまりいかなる感情も、いかなる悩みも、それを小説の主題に使ったり、随筆評論の添え物として使って、白紙に書きおろしてしまえば、すっかり忘れ去ることができるのだ。作家こそ唯一の自由人といえよう。

「お菓子と麦酒」サマセット・モーム著(角川文庫)  ISBN: 9784042973010

著名な作家、亡きドリッフィールドの伝記を書こうとしている友人から、無名時代のエピソードを提供するよう求められた主人公が、ひとり回想する若き日のドリッフィールドとその妻。

SNS読書会の課題本として読んだ。中盤までは、ちょっと寂聴さんが書く文壇裏話のよう。発表されたのが1930年だから、小説のなかの回想シーンは19世紀末あたりのイギリスか。当時の作家たちが名をなしていくプロセスや、彼らを取り巻く文人好きの貴族らの生態が、生き生きと、ときに俗っぽく描かれる。随所に少し斜に構えた作家論、小説論も散りばめられ、興味深い。もっとも私は、当時の作家とか小説とかの知識を持ち合わせないので、どうもピンとこないなー、と感じていた。

しかし残り3分の1ぐらいになって人間関係が動き出すと、ぐんぐん弾みがついて引き込まれた。特に文豪の妻、ロウジーの人物像がとても魅力的。罪深いけれど決して憎めず、ふるまいは軽薄だけど実は深い思いを秘めている。そんなロウジーの真実を主人公だけが知っていて、読者にだけ一端を打ち明けましょう、というかのような、内緒話感覚の筆致が面白い。
生まれ育ちとか、教養とか、道徳観念とか。人が他人の「上等かそうでないか」を見分ける基準というのは、どういう人物と親しく付き合っていくか、ひいては生き方の「軸」を規定しかねない。でも、そのモノサシは見方によって随分違ってくるものだ。

真実の口当たりはほろ苦い。終盤で主人公は、そういう苦さを文字にしないではいられない、作家という人種の性を吐露する。その率直さがあるからか、後味は軽やかで、どこか甘酸っぱい。厨川圭子訳。(2010・1)

サマセット・モーム 『お菓子と麦酒』 四畳半読書(猫)系

« 「逝かない身体」 | Main | 「白馬山荘殺人事件」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「お菓子と麦酒」:

« 「逝かない身体」 | Main | 「白馬山荘殺人事件」 »