« 「新参者」 | Main | 「伊藤ふきげん製作所」 »

December 15, 2009

「舶来屋」

「まさに夢の世界が広がっていたよ。クラクラしたね。このあたりにガツンと一発食らった感じだった」

「舶来屋」幸田真音著(新潮社) ISBN: 9784104633050

欧州の高級ブランドを日本に紹介した、「サンモトヤマ」創業者・茂登山長市郎氏をモデルに描く一商人の軌跡。

戦時中に天津の町で、あるいは戦後、PXの通販カタログで。主人公が豊かさというものを目にするシーンは、まさに日本の消費文化の黎明を予感させる。そこに、闇市から銀座の繁栄へと至る首都の変貌、あるいは主人公を取り巻くきら星のような文化人、スターの横顔が重なる前半部は、高度成長の息吹をありありと感じさせて興味深い。
物語は、主人公と偶然知り合った20代の男女が聞き役を務めるという設定。正直、最初は入り込みにくかった。しかし、主人公が語る高度成長期と比べて、若い世代が現代の閉塞感を嘆くという対比には共感できる。

主人公は高級ブランドの開拓者でありながら、ビジネスの大衆化に乗じて規模を追うことはしなかったようだ。終盤は、もっぱら限られた「本物」の顧客を大切にする姿勢が描かれ、時として歯がゆいくらい。けれど、そういう規模よりも質を求める「あきんど」である限り、時代が閉塞していたって夢は描ける、という潔いメッセージが感じられる。

「歴史のなかの商人像をあれこれ考えてゆくと、勝海舟などまったく商人的発想ですね。むろん、商人という語感につきまとう軽薄さはありませんでした。かれにとって出藍の弟子だった坂本龍馬をふくめてです。」ーー。「文藝春秋」2009年12月号が再録していた(初出は1994年4月号)司馬遼太郎さんの論文「日本人の二十世紀」の一節がなんだか響いてくる。(2009・12)

« 「新参者」 | Main | 「伊藤ふきげん製作所」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「舶来屋」:

« 「新参者」 | Main | 「伊藤ふきげん製作所」 »