« 「ドーン」 | Main | 「龍神の雨」 »

December 29, 2009

2009年ベスト

いよいよ最終週ということで、2009年ベストを。新旧とりまぜてですが、まずフィクションは、

1、「ヘヴン」川上未映子
2、「日の名残り」カズオ・イシグロ
3、「犬の力」ドン・ウィンズロウ
4、「ミレニアム1」「2」「3」スティーグ・ラーソン
5、「影武者徳川家康」隆慶一郎
6、「1Q84」村上春樹
7、「新参者」東野圭吾
8、「ダブル・ジョーカー」柳広司
9、「四とそれ以上の国」いしいしんじ
10、「出星前夜」飯嶋和一

食わず嫌いしていた「ヘヴン」、読んでみたら案外よかった。そういう個人的な意外感を含めて上位! それにしても我ながら、見事にジャンルがバラバラだなあ。「日の名残り」に「犬の力」って… でも、どの本も間違いなく強力でした~

ノンフィクションは、

1、「差別と日本人」野中広務、辛淑玉
2、「サンデーとマガジン」大野茂
3、「地団駄は島根で踏め」わぐりたかし
4、「ハチはなぜ大量死したのか」ローワン・ジェイコブセン
5、「戦争サービス業」ロルフ・ユッセラー
6、「シズコさん」佐野洋子
7、「なほになほなほ 私の履歴書」竹本住大夫
8、「介護現場は、なぜ辛いのか」本岡類
9、「だから、男と女はすれ違う」NHKスペシャル取材班
10、「白川静 漢字の世界観」松岡正剛

個人的に世の中にキャッチアップしなくちゃ、という気持ちがあって、だからというのも妙ですが、新書をよく読んだ年でした。そのなかで「差別と日本人」は、対談の顔合わせの強烈さもさることながら、ラストの圧倒的な感じがダントツ! ほかにも上位にあげた本は、忙しくてもさらっと読めて面白いものばかりです。「シズコさん」はノンフィクションに分類するのは変かもしれませんが…

ちなみに参加しているSNS「やっぱり本を読む人々。」選出の「100冊文庫」からは、「夏への扉」など5冊、また、別のSNSの読書会コミュでは、「ダブリナーズ」 「星々の生まれるところ」「怪談牡丹灯籠」など課題本を5冊読みました。自分ではなかなか手を出さない作家や、未知のジャンルにチャレンジするのは楽しいものです。来年も皆さんに教えてもらって、面白い本に出会うぞ!

ブログネタ: あなたが今年、読んで良かったと思う本は?参加数

« 「ドーン」 | Main | 「龍神の雨」 »

Comments

COCO2さん☆あけましておめでとうございます。
未知の作家の作品を読むのって楽しいですよね。
そして、小説もいいけどノンフィクションもねっ!
「差別と日本人」は圧倒的な迫力がありましたね。
今年も色んな本を読んでいきたいと思います。
どうぞ、よろしくお願いします。m(_ _)m

Rokoさん、今年もよろしくお願いします!
ノンフィクション、重いものはしばらく読んでいない。歴史関係で面白い本を探したい気分です…

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2009年ベスト:

« 「ドーン」 | Main | 「龍神の雨」 »