« October 2009 | Main | December 2009 »

November 25, 2009

「犬の力」

アートは純粋な邪悪さの存在を感じる。
犬の力。

「犬の力」ドン・ウィンズロウ著(角川文庫) ISBN: 9784042823049  ISBN: 9784042823056

1975年から2004年まで、30年にも及ぶ壮絶な「麻薬戦争」のドラマ。上下巻。

南米版ゴッドファーザーというべきか、笑いの要素がないタランティーノというべきか。メキシコの麻薬カルテルをめぐり、カルテル内部、そしてカルテルとDEA(米麻薬取締局)との間で繰り広げられる殺戮の連鎖。乾いた筆致で凄惨なシーンが繰り出され、え~っ、ウィンズロウって「ストリート・キッズ」だよねぇ…と、びっくり。

物語の骨格は太い。抗争の背景として、汚れた資金やゲリラと国家権力との暗い結びつきを描いている。大統領候補暗殺やペソ危機といった実際の事件をふまえて、巨大な悪を絶つには政治の安定と豊かさの実現が必要ではないのか、と切実に思わせる。

もっとも1000ページもの長編を牽引するのは、そういう謀略説などではなく、登場人物たちの非情なふるまい、「犬の力」の衝撃だ。終盤にかけて、それぞれの遺恨がどんどん煮詰まっていくさまは圧巻。だれが生き残るのか、そして、生き残ったからといって何を得るのか。全編に影を落とす、暴力のむなしさ。そんな運命に立ち向かう、マンハッタン育ちの殺し屋ショーン・カランと美貌の娼婦ノーラ・ヘイデンのタフな造形が魅力的だ。東江一紀訳。(2009・11)

 『犬の力』 本だけ読んで暮らせたら 

November 22, 2009

それでも、日本人は「戦争」を選んだ

戦争が始まれば、もちろん、こうした陸軍の描いた一見美しいスローガンは絵に描いた餅になるわけですし、農民や労働者の生活がまっさきに苦しくなるのですが、政治や社会を変革してくれる主体として陸軍に期待せざるをえない国民の目線は、確かにあったと思います。

「それでも、日本人は「戦争」を選んだ」加藤陽子著(朝日出版社) ISBN: 9784255004853

日本近現代史の研究者が5日間にわたり、栄光学園の中高校生を相手に、日清戦争から太平洋戦争に至る過程を講義する。

学生相手の講義録とあって、語り口は柔らかい。けれど、日本の近現代を評価するのだから、当然ながら内容は決して平易ではない。「盗聴 二・二六事件」とか「昭和史 1926−1945」とか「中原の虹」とか、乏しい断片的な記憶を呼びおこしつつ何とか読み進んだ。

言及は立体的だ。まず、地政学的な意味。第一次大戦後の山東半島の位置づけなどを、牧野伊三夫さんのチョーク書き風の地図をまじえて丁寧に解説している。そしてもちろん、経済。満州事変の時点で、対中輸出シェアでイギリス+香港、アメリカ、日本が見事に拮抗してきていたというグラフは、非常に興味深い。さらに政治。日中戦争に至る過程では、政党の選挙スローガンよりも陸軍統制派の計画の方が、農民救済や労組活動に配慮していたという指摘には驚く。

興味深いのは、随所に散りばめられた人物論だろう。国内外を問わず著名な政治家、外交官、軍人、学者らを次々取り上げ、最新の研究成果を引用しながら、その思考、ふるまいをたどっていく。例えば松岡洋右について、ちょっと先入観を覆すような史料も提示されたり。

権力者や頭のいい人たち、なにより普通の国民が、どこでどう選択を誤ったのか。その大きな問いについて、簡単に腑に落ちるわけではない。けれども、わかりやすくて時に心地よい解説に逃げ込まず、ややこしい話をややこしいまま知ろうとし続けること、考え、語り続けることこそが、大事なのかもしれない。例えば選挙制度改革がもたらした意思決定のシフトなど、歴史は確かに現在と響き合っている。宿題は終わらないのだ。

それにしても、栄光学園。頭の良い子供たちだなあ。2010年度小林秀雄賞。(2009・11)

 それを選んでしまわぬために - 書評 - それでも、日本人は「戦争」を選んだ  404 Blog Not Found

« October 2009 | Main | December 2009 »