« 「茗荷谷の猫」 | Main | 「ヘヴン」 »

October 21, 2009

「道具屋殺人事件」

「えっ、な、何? 一体、何がわかったの」
「まあ、いい。今度の水曜日、俺の噺を聞けば、お前にも全部呑み込めるはずだから」
「水曜日って、墨念寺寄席のことでしょう。あっ……じゃあ、『らくだ』の新しいサゲを思いついたのね」
「ああ、そうだ。ふふふ。こいつは、我ながら、なかなかの思いつきだぞ」

「道具屋殺人事件」愛川晶著(原書房)  ISBN: 9784562040964

噺家二つ目の寿笑亭福の助が、身近で勃発する事件の謎解きに挑む連作集。

とにかく落語をめぐる蘊蓄が満載で、読んでいて楽しい。楽屋を飛び交う符丁やら、古今の名人のエピソードやら。なにしろ車椅子探偵役を務める病気療養中の師匠は、三題噺のかたちで謎解きのヒントを授けるのだ。うーん、お茶目ぶりがチャーミング。

主役夫婦の造形も爽やかだ。古典落語について人一倍研究熱心な福の助。そんな夫を支え、自分も重症落語ファンになりつつある感じの妻、亮子。種明かしのクライマックスは必ず、福の助が精魂こめてつとめる高座のシーンになっている。
演目はあくまで古典だけれども、それを現代に生かすために噺家は知恵を絞り、様々に工夫をこらすんですねぇ。まさに座布団一枚の小宇宙。肝心の謎解きよりも、落語そのものを堪能しちゃう感じです。あ、いや、謎もちゃんと解けるんですけれども。

古典というものが単純な笑いではなく、大衆芸として庶民の暮らしに潜む残酷さとか、悲哀とかを含んでいることも再認識できて興味深い。ああ、寄席に行きたいなあ。(2009・10)

◎◎「道具屋殺人事件」 愛川晶 原書房 1890円 2007/9  「本のことども」by聖月

« 「茗荷谷の猫」 | Main | 「ヘヴン」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「道具屋殺人事件」:

« 「茗荷谷の猫」 | Main | 「ヘヴン」 »