« 「ダブリナーズ」 | Main | 「日本の子どもの自尊感情はなぜ低いのか」 »

July 29, 2009

「ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士」

「私はリスベットを友人だと思っている。だからといって、きみも知ってのとおり、彼女が私を友人と思っているとはかぎらないがね」
「それはわかっています。でもぼくが聞きたいのは、彼女の側に立って、彼女の敵と闘う覚悟があるか、ということなんです。しかも一、二ラウンドで決着のつくような闘いではありません」

「ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士」スティーグ・ラーソン著(早川書房) ISBN: 9784152090485 ISBN: 9784152090492

宿敵ザラチェンコを追いつめた敏腕女性調査員リスベットは、自らも重傷を負い、司直の手に落ちてしまった。身動きがとれない彼女に、組織の魔の手が伸びる!

スウェーデンの大ヒットミステリー3部作最終編、上下巻約950ページを一気読み。いやー、楽しみました! シリーズの第1作は富豪一家を襲った過去の密室殺人の謎解き、第2作はがらりと雰囲気を変えてスピード感あるギャングとの死闘。さて次は、と思ったら、いよいよ国家を揺るがす陰謀ときました。もうお腹いっぱいです。

第3作の前半は、われらが野獣リスベットが手負いのためベッドに縛り付けられて反撃できないので、どうにももどかしい。その間、陰謀の存在を知るリスベットを社会的に葬り去ろうと、敵が着々と非情な罠を準備。いやがおうにも緊迫感を盛り上げる。
そして、こうした敵に対抗して、リスベットの正義を信じる雑誌「ミレニアム」発行責任者ミカエルら、人呼んで「狂卓の騎士」たちが行動を起こし始めると、そこからはもう疾風怒濤だ。

女性を標的にした暴力に対する怒りというテーマが、第1作からずっと底流にあり、最後まで貫かれている。これがエンタメ要素総動員の感がある3部作に、一定のまとまりをもたらしていると思う。巨大な陰謀に巻き込まれたリスベットはもちろん、登場する脇役の女性たち、ミレニアムの編集長や弁護士、刑事らもそれぞれ何らかの苦悩を抱えつつ、強靱な心で暴力に立ち向かっていく。魅力的な大人の女たち。

もちろん、最も魅力的なのはリスベットだ。抜群の知性をもちながら、ハリネズミのようなトゲを心にまとっていて、他人とうまくコミュニケーションがとれない。実はそんな自らの欠けた部分をちゃんと自覚していて、自分なりにもがいている。果たして希代の色男、ミカエルとの関係はどうなるのか? ラスト1行まで目が離せません。著者が亡くなり、続編が読めないのが残念でならない。ヘレンハルメ美穂・岩澤雅利訳。(2009・7)

『ミレニアム3--眠れる女と狂卓の騎士』/スティーグ・ラーソン 異邦の偏読家 

« 「ダブリナーズ」 | Main | 「日本の子どもの自尊感情はなぜ低いのか」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士」:

« 「ダブリナーズ」 | Main | 「日本の子どもの自尊感情はなぜ低いのか」 »