« 「ミレニアム2 火と戯れる女」 | Main | 「恋文の技術」 »

July 09, 2009

「差別と日本人」

差別は、古い制度が残っているからあるのではない。

「差別と日本人」野中広務、辛淑玉著(角川oneテーマ21) ISBN: 9784047101937

対談だけれど、どちらかというと辛さんが野中さんに詰め寄っていく感じ。あの事件が勃発したとき、野中という政治家はどう感じたのか、はたまた、あの問題が国会で取り上げられているとき、どう決断したのか。そして一つひとつの事件、政治課題について辛さんが解説を加えていく。

野中さんはたぶん、そう簡単に舞台裏を明かしてはいない。長く保守政治家として生きて、「落としどころ」を探り「ことを収める」技術の、ある意味で最高峰を極めた人といえるだろう。それでもできる限り、真摯に答えようとしている感じはある。

知らないこと、気づかないことが沢山ある。それはある面、致し方ない。けれどやっぱり、ややこしいからと言って知らずにいること、気づかずにいることは罪。そう思えるかどうかが第一歩だという気がする。この対談の終盤はきっと涙なくしては読めない。だが、泣いている場合はない。(2009・7)

« 「ミレニアム2 火と戯れる女」 | Main | 「恋文の技術」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「差別と日本人」:

« 「ミレニアム2 火と戯れる女」 | Main | 「恋文の技術」 »