« 「スーパーの裏側」 | Main | 「レッドゾーン」 »

May 16, 2009

「ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女」

それに、いったん始めたことを途中でやめるのは気にくわない。”秘密は誰にでもある。問題はどんな秘密を見つけだすかだ”

「ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女」スティーグ・ラーソン著(早川書房) ISBN: 9784152089830  ISBN: 9784152089847

ジャーナリストのミカエルは不正を追及した実業家、ヴェンネルストレムに名誉毀損で逆襲されて有罪となり、活動の休止を余儀なくされる。そんなとき、引退した大物経営者、ヘンリック・ヴァンゲルから依頼が舞い込み、40年も前にヴァンゲル家で起きた、ある少女失踪事件を洗い直すことになる。

大評判のミステリー3部作の、第1部上下巻を読んだ。多くの本好きたちが絶賛する通りの一大娯楽作! 孤島からの失踪、暗号、猟奇殺人から世界を股に掛けたハイテク捜査まで、あらゆるミステリーの要素がてんこ盛りで、しかもその要素が巧妙に組み合わされている。

自分には馴染みがないスウェーデンが舞台ということは、あまり苦にならなかった。巻頭に地図が添えられているせいか。物語の途中から、ヴァンゲル一族の人物たちがぞろぞろ登場して、誰が誰だか混乱したけれど、それも220ページあたりまで。凄腕女性調査員のリスベットがミカエルに絡んでくると、もう止まりません。

リスベットのエピソードは、今回の本筋ではないはず。しかしその破天荒な人物像が、際立って鮮烈だ。やせっぽちの体に大胆なタトゥーやピアス、粗野な言動で社会に全く適応しない。けれど、ものすごく頭が切れて、人が一番隠したいと思っている秘密にぐいぐい迫っていく。特に卑劣な暴力に対しては、決して容赦しない。こんな探偵役、みたことない。

ストーリーの柱は大きく二つある。ミカエルの実業家ヴェンネルストレムに対する闘いと、ヴェンゲル一族の「犬神家」ばりに胡散臭い過去。それぞれの謎解きが面白いのはもちろんだが、謎解きの過程でミカエルとリスベットが世の不正に対して示す怒りが、強い印象を残す。単に痛快というだけでない。自らもジャーナリストである著者のプライド、信念がエンターテインメントに独特の味付けを施している。

訳文も読みやすいと思う。第2部、第3部を読むのが楽しみだ。ヘレンハルメ美穂・岩澤雅利訳。(2009・5)

◎◎「ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女」上下 スティーグ・ラーソン 早川 1700円 2008/12  「本のことども」by聖月

« 「スーパーの裏側」 | Main | 「レッドゾーン」 »

Comments

こんにちは。
いやもうこれは無茶苦茶に面白いですよね。
リスベットの人物造形が興味深いです。
第2部では第一部以上の大活躍を見せてくれます。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女」:

» ◎◎「ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女」上下 スティーグ・ラーソン 早川 1700円 200... [「本のことども」by聖月]
 評者が小学校5、6年生の頃、なんかエッチな言葉を口にするのが年頃的に流行っていて、今も記憶に残っているのが、ひとつは“かまきり婦人”。五月みどりの日活映画ポスターが、当時いろんなところに貼ってあり、なんかエロい印象があったわけで、“かまきり夫人”と口にすることで、「どうだ!俺は今相当エッチなことをいったぞ!」と胸を張れたわけである。なんと幼く可愛いツッパリであったことか。  そして、もうひとつが“スェーデンポルノ”。なんかませたやつが仕入れてきた言葉で、みんな全然意味はわかっていなかったのだ... [Read More]

« 「スーパーの裏側」 | Main | 「レッドゾーン」 »