« 「四とそれ以上の国」 | Main | 「上弦の月を喰べる獅子」 »

April 04, 2009

「仏果を得ず」

そうだ、このひとたちは生きている。ずるさと、それでもとどめようのない情愛を胸に、俺と同じく生きている。文字で書かれ音で表し人形が演じる芸能のなかに、まちがいなく人間の真実が光っている。この不思議。この深み。

「仏果を得ず」三浦しをん著(双葉社) ISBN: 9784575235944

若手大夫の健(たける)が、春先から年末を迎えるまでに経験する、芸に対する悩み、恋、そして成長。

「あやつられ文楽鑑賞」の著者の、「文楽小説」を読んだ。表紙は漫画風だし、筆致も軽いけれど、内容はなかなか濃い。三色縞の幕を模した目次に、各章のタイトルとして「女殺油地獄」など著名な外題が並ぶ。主人公の健が、それぞれの演目に挑戦していくストーリーを読むうち、見どころ、聴きどころ、登場人物の解釈も飲み込める仕掛けだ。全編に、著者の文楽への傾倒ぶりが読み取れる。

もう一つの楽しみは、魅力的な人物像。健はいわば元ヤンキーだし、師匠は偉い人間国宝なのに、我が儘気まま、自由奔放に行動する。どなたかモデルがいるのか、そのへんは定かでないけれど、彼らが決して聖人でないからこそ、並大抵でない芸への情熱に、率直に感動してしまう。
その情熱を媒介として、結びつく師匠と弟子、大夫と三味線の人間関係も温かい。現実の文楽一座は90人弱という濃密な空間で、とても厳しい世界なのだろうけれど… そういえば、健の恋の相手となる女性もけっこう変人で、そこがまた格好いい。

文楽というのはストーリーだけを読むと、心中やら仇討ちやら忠義やら、現代人にはとうてい理解不可能な展開だらけ。それでも舞台に触れると引き込まれてしまうのは、音楽と人形という芸の力を通して、むきだしの人間の業が理屈抜きに感じられるからなのだろうなあ。2008年読者大賞10位。(2009・4)

 「仏果を得ず」カワイイ30歳  本の話がメインのつもり

« 「四とそれ以上の国」 | Main | 「上弦の月を喰べる獅子」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「仏果を得ず」:

« 「四とそれ以上の国」 | Main | 「上弦の月を喰べる獅子」 »