« 「再発」 | Main | 「四とそれ以上の国」 »

March 28, 2009

「人形有情」

体をかわすようにする時、首(かしら)が、よそへ行ってる人が多いです。
渚の方が上手、良弁が下手に入れ替わる時も、目線が渚の方から外れたらいけません。

「人形有情」吉田玉男・宮辻政夫(聞き手)著  ISBN: 9784000242622

人間国宝で不世出とうたわれた人形遣い、吉田玉男の芸談聞き書き。住大夫さんに続いて、文楽シリーズで読んでみた。

修業時代や先輩後輩との思い出を語るところは、真面目で控えめで、飄々とした印象。しかし後半、役柄の解説になると、やっぱり凄みがある。後ろから人形を遣っていて、顔が見えないのに目線がぶれず、きめ細かい動きを計算し尽くしているという。あえて、じっとしていて存在感を示す、辛抱の心も面白い。

文楽の大夫はオペラ歌手のようだけれど、オペラと違うのは一人で何役もこなし、ト書きまで語るところ。役に没入し過ぎない。人形遣いも、あくまで人形を通して演じるのであり、真に迫って喜怒哀楽を表現していても、語り口はどこかクールだ。本当に不思議な芸。生で観ることができないのが残念だ。(2009・3)

« 「再発」 | Main | 「四とそれ以上の国」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「人形有情」:

« 「再発」 | Main | 「四とそれ以上の国」 »