« 「星々の生まれるところ」 | Main | 「人形有情」 »

March 23, 2009

「再発」

発作……。
となると、昨日のあの症状は風邪ではなかったということか。
悔い、そして自分に対する情けなさで、顔が歪むのが分かった。

「再発」仙川環著(小学館文庫)  ISBN: 9784094083576

静かな片田舎。実家の医院を継いだ真澄の眼前で、少女が相次いで謎の死をとげる。

感染症のリスクは、意外に身近なところに潜んでいる。著者は「平和ボケ」とも言えそうな、行政や個人の備え不足に警鐘を鳴らす。そこに、ヒロインが医師として使命感に目覚めていくストーリーを絡めた。
題材から考えると、もっと大仰に表現することも可能だと思うが、パニックサスペンスというには静かな印象。文庫書き下ろし。(2009・3)

« 「星々の生まれるところ」 | Main | 「人形有情」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「再発」:

« 「星々の生まれるところ」 | Main | 「人形有情」 »