« 「人形有情」 | Main | 「仏果を得ず」 »

March 31, 2009

「四とそれ以上の国」

藍はフンフンいいながら路線図を見あげる。読めない漢字ばかりだがそれがかえって新鮮だ。

「四とそれ以上の国」いしいしんじ著(文藝春秋)  ISBN: 9784163277004

四国を舞台にした、幻想的な連作集。

いしいワールドは、いったい何処までいくのか。「みずうみ」で民話的な世界から一歩踏みだし、現実との接点をもった後、いったい次はどうなるんだろうと思っていたら、四国である。人形浄瑠璃やお遍路やら、四国らしい事物を散りばめつつ、うねるような文体で奇天烈なイメージを連打。町ひとつ塩に埋もれてしまうとか、もう頭がくらくら。もちろん、描かれるのは空想の四国だ。しかし、この「四国」は妙にリアルで、もう「風土」とでも呼びたいような世界だ。

特に、連作最後の「藍」が印象的。出荷前で、人にたとえるなら16、7の乙女である貴重な藍染めの原料が、まさに目には見えない少女の姿となって、ある日すらりと立ち上がり、職人のもとを逃げ出す、という設定のファンタジーだ。この、みずみずしさ。
本好きのブログなどを読んでみると、けっこう難解という声がある。確かに善も悪もなく、教訓もイメージの種明かしも結論らしきものも皆無。いつにも増して、好き嫌いが分かれそう。でも個人的には、存分にくらくらしたのち、不思議なカタルシスがあった。気づかないうちに、身のうちにある「風土」。

連作のなかで繰り返し、見えそうで見えない、読めそうで読めない、聞き取れそうで聞き取れない、というシーンが登場する。生きて暮らしていくことは、なんともどかしいことか。(2009・3)

四とそれ以上の国 いしいしんじ 文藝春秋  おいしい本箱Dairy
四とそれ以上の国/いしいしんじ 記憶の記録

« 「人形有情」 | Main | 「仏果を得ず」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「四とそれ以上の国」:

« 「人形有情」 | Main | 「仏果を得ず」 »