« 「戦争サービス業」 | Main | 「出星前夜」 »

February 25, 2009

「婚活」時代

たったここ数年で、男性が女性に年収を求めるとはっきり言えるようになりました。問題は、それに代わって、日本の男性が提供してくれるものが、女性にはまだ見えてこないことです。

『「婚活」時代』山田昌弘、白河桃子著(ディスカヴァー携書) ISBN: 9784887596238

「パラサイト・シングル」で知られる家族社会学者の背景分析と、「キャリモテ」女性ライターの実態ルポで解き明かす現代結婚事情。

手練れの筆者ふたりのタッグとあって、「出会い格差」とか、「逆狩猟時代」とか、思わず口にしたくなるキーワードがいっぱいだ。鍵となるフレーズがゴチックにしてあって、そこを拾いながらすいすい読める。結婚が必須でなく、いわば嗜好品になり、経済環境の変化が加わって「希望格差」が顕在化し…という未婚現象の解説は、言ってみればお馴染みのもの。本書ではそれに続けて、今や結婚は就職活動のように、ノウハウとツールを駆使して取り組むべきもの、と力説する。

男性はもっと自分を磨いて、経済力とコミュニケーション力を養え、一方、女性はもう自分磨きは十分だから、外に出て出会いを求めろ、という叱咤激励は、ちょっと単純にも思えるけどわかりやすい。(2009・2)

« 「戦争サービス業」 | Main | 「出星前夜」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「婚活」時代:

« 「戦争サービス業」 | Main | 「出星前夜」 »