« 「やわらかな遺伝子」 | Main | 「われらが歌う時」 »

November 13, 2008

「台湾紀行」

私は、台湾を紀行している。
絶えず痛みを感じつつ歩いている。

「台湾紀行 街道をゆく40」司馬遼太郎著(朝日文庫)  ISBN: 9784022641489

1993年から94年にかけて台湾を旅した作家が、歩き、人と出会いながら、国家というものを考える。

思い立って、あまりにも有名な紀行シリーズの一冊を手にとった。実は、この国民的作家の文章をちゃんと読んだことがなかった。本当に今更だけど、歯切れのいい文章のリズムと、選び抜かれた感じの単語づかい、ぱあっと目の前が開けるような比喩にやられました。「帰途、日本にはもういないかもしれない戦前風の日本人に邂逅し、しかも再び会えないかもしれないという思いが、胸に満ちた。このさびしさの始末に、しばらくこまった」ーー。写経のように書き写したら、文章がうまくなるかしら。

古今のたくさんの人物のことを語っている。後藤新平のような教科書に登場する人物から、山地に住む市井の老人まで。著者の人物観が一貫して、理想とか気概とかとともに、朗らかさを重視している感じが面白い。
人々はそれぞれ時代に翻弄され、「数奇」を体現している。そういう状況が決して終わっていないことを思うと、複雑な気分。巻末に当時の総統、李登輝との対談を収録。(2008・10)

« 「やわらかな遺伝子」 | Main | 「われらが歌う時」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「台湾紀行」:

« 「やわらかな遺伝子」 | Main | 「われらが歌う時」 »