« 「聖母(ホスト・マザー)」 | Main | 「あやつられ文楽鑑賞」 »

October 19, 2008

「ジョーカー・ゲーム」

だが、そんなことが本当に可能なのだろうか? 一生誰も愛さず、何ものも信じないで生きてゆくなどということが。

「ジョーカー・ゲーム」柳広司著(角川書店)  ISBN: 9784048738514

陸軍に極秘に設置されたスパイ養成学校「D機関」。数カ国語を操り、哲学や戦術を自在に論じ、金庫破りから変装術までを体得した異能の男たちの、見えない闘い。

本好きブロガーの間で評判の連作短編集。これはお得です。250ページぐらいだけど、その3倍ぐらいの分量を読んだ気分。非常に平易で読みやすい文章ながら、騙し騙されの二転三転が詰め込まれ、どの一編も、読み終わるまで全く息が抜けない。

百戦錬磨の英国諜報機関の手に落ちて、どうやって機密を守り、敵地から脱出するか。ときに、絶体絶命に見える孤独なスパイたち。裏を読み、先を読み切る知力を支えるのは、使命感でも愛国心でもない。ただ一つ、あらゆる固定観念にとらわれないタフな精神だけだ。ヒロイズムに流れない、自制の効いた筆運びだから、ほんの少しかいま見える人間の弱さ、切なさが際立つ。

著者がもつ引き出しの多様さを感じさせ、シンプルでいて、ものすごく映像化しにくそうな、濃密な一冊。日本推理作家協会賞、吉川英治文学新人賞受賞。(2008・10)

『ジョーカー・ゲーム』柳広司  大台突破

« 「聖母(ホスト・マザー)」 | Main | 「あやつられ文楽鑑賞」 »

Comments

『ジョーカー・ゲーム』読みました。本当に良くできていますね。隙がないと思いました。それこそ結城中佐その人のよう。
こりゃあ本屋大賞に入ってくるのも納得だし、これを読んで賞の行方がますます予測不能になりましたよ。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ジョーカー・ゲーム」:

« 「聖母(ホスト・マザー)」 | Main | 「あやつられ文楽鑑賞」 »