« 「ジョーカー・ゲーム」 | Main | 「やわらかな遺伝子」 »

October 23, 2008

「あやつられ文楽鑑賞」

文楽の人形は、魂の「入れ物」である。大夫さんの語り、三味線さんの奏でる音楽、そして人形さんが遣うことによって、はじめて魂を吹きこまれる「容器」なのだ。だから場面に応じて、人間以上に「人間」になることも、聞き役に徹する「背景」になることもできる。

「あやつられ文楽鑑賞」三浦しをん著(ポプラ社) ISBN: 9784591097830

人気作家が綴る、文楽体験とその魅力。

大夫や人形遣いを楽屋に訪ね、著名な演目を解説し、関連する歌舞伎や落語の鑑賞にもチャレンジ。著者は理解できないことは理解できないと、遠慮なく突っ込むし、ときに鑑賞しながら眠っちゃうことも隠さない。あくまで率直、軽妙で、文楽初心者の読者としては、とても親しみを覚える。

とはいえ、そこは作家だから、近松「女殺油地獄」を解釈するあたりは、深い。あえて心理描写を排除した作品の狙いや、同じ演目でも人間が登場する歌舞伎との演出効果の差など、思わずうなってしまう。著者と一緒に、「文楽」という底なし沼にはまっていきそうだ。

インタビューを受けている人間国宝とか、もうすぐ国宝とかの人々が、皆さん飄々と、肩に力が入っていない感じで興味深い。伝統芸能という「我が道」を探究する名人ならではの、風格というものだろうか。また文楽見物に出かけるのが楽しみです。(2008・10)

あやつられ文楽鑑賞 三浦しをん 活字中毒日記
「あやつられ文楽鑑賞」三浦しをん しんちゃんの買い物帳

« 「ジョーカー・ゲーム」 | Main | 「やわらかな遺伝子」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「あやつられ文楽鑑賞」:

« 「ジョーカー・ゲーム」 | Main | 「やわらかな遺伝子」 »