« 「ぐらり!大江戸烈震録」 | Main | 「聖母(ホスト・マザー)」 »

October 13, 2008

「パパ・ユーアクレイジー」

「それはどういう悩みなの?」
「生きているという悩みさ。ただし、私は急いでこの悩みを追い払うつもりはないがね」
「僕もそうだよ」
 やがてコーヒーができあがった。僕の父は自分のカップにコーヒーを注いだ。

「パパ・ユーアクレイジー」W・サローヤン著(新潮文庫) ISBN: 9784102031032

米国西海岸に住む作家と10歳の息子との、ちょっとコミカルな共同生活。そして人が人に、会話を通じて伝えていくこと。

アルメニア移民の著者が綴る温かい物語を、20年ぶりぐらいに再読した。親子はドライブしたり、一緒に海辺を歩いたりしながら、たくさんたくさん話をする。「卵のマリブ風」という、読むだけで音と匂いが伝わってくるような料理の話や、知的な言葉遊びや、お金や仕事の話。断片的なエピソードの連続が、やがてうねりとなって、生きることの意味のようなものを語りかけてくる。

主語をなるべく略さないようにしたという伊丹十三の丁寧な訳が、しみじみとしたテンポだ。この訳者も何事につけ、手抜きをしない人だったんだなあ、と改めて思う。(2008・10)

« 「ぐらり!大江戸烈震録」 | Main | 「聖母(ホスト・マザー)」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「パパ・ユーアクレイジー」:

« 「ぐらり!大江戸烈震録」 | Main | 「聖母(ホスト・マザー)」 »