« 「田村はまだか」 | Main | 「カラスの親指」 »

September 16, 2008

「治験」

普通の人間が、しょぼい生活を守るために、戦うのだ。所詮、どうってことのない人生だ。でも、そこがよい。そこが気に入っている。

「治験」仙川環著(双葉社)  ISBN: 9784575236279

30歳で失業中の宮野正志。見知らぬ米国人から持ちかけられて、健康食品の通販窓口という楽そうな仕事を引き受け、とんでもない事件に巻き込まれる。

題材は医療分野で、舞台も広がりをみせるけれど、いつになく非常に軽い印象のミステリ。んー、主人公の独白にかなりの紙幅を割いているせいか。「ま、いっか」が口癖で、著者としては新しいタイプの人物かも。本筋と関係ないが、転んで怪我をするシーンが繰り返されるのは何故なんだろう…(2008・9)

« 「田村はまだか」 | Main | 「カラスの親指」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「治験」:

« 「田村はまだか」 | Main | 「カラスの親指」 »