« 「白夜行」 | Main | 「治験」 »

September 15, 2008

「田村はまだか」

「誰か、とても暖かいひとの手で、こうして頭を撫でられながら眠りにつきたい夜が、あたしにだってあったりするのよ」
 大人になってもね、とかすかに笑った。

「田村はまだか」朝倉かすみ著(光文社)   ISBN: 9784334925987

3月のススキノ、深夜のカウンター。小学校のクラス会のあと、小さなスナックに流れた男女5人が、遠方から遅れて合流する「田村」を待ちつつ、うだうだと「40歳の今」を語る。

評判の連作短編集を読む。とにかく書名がうまい。飲み屋で時計が12時を回り、誰かが何か印象的な短いフレーズを吐いて、それを皆が気に入って延々とリフレインする、というのは、誰にでも覚えがあるシチュエーションではないか。それがこの小説では、「田村はまだか」。

40歳ともなれば、一人ひとり家庭や仕事に大なり小なり屈託を抱えている。今夜のメンバーは気を遣わない旧友なんだから、愚痴りたい。でも40歳にしては甘いかな、という自覚もあって(確かに甘い)、愚痴り過ぎるのも格好悪いと思っている。だから途中まで語って、「田村」を引き合いに出すのだ。
田村はかつてクラスにいて、子供の目からみてもヘビーな家庭環境だったのに、いつも毅然としていた「孤高の小六」だ。まあ、俺もあたしもいろいろあるけど、それにつけても「田村はまだか」。

まあ、酒場の名言というのは大抵、一夜明けたら聞くに堪えない。それをメモってるマスターが、本当にいたらちょっと困りものだけど。さらっと読めて、そういう夜ってあるよな、と思わせる達者な一冊。吉川英治文学新人賞受賞。(2008・9)

「田村はまだか」/待つ 日常&読んだ本log
田村はまだか 朝倉かすみ  ~かみさまの贈りもの~読書日記

« 「白夜行」 | Main | 「治験」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「田村はまだか」:

» 【田村はまだか】 朝倉かすみ 著 [じゅずじの旦那]
タイトルにひかれた…   まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] ブログランキング[:右斜め上:] 【あらすじ】 深夜のバー。小学校クラス会の三次会。四十歳になる男女五人が友を待つ。大雪で列車が遅れ、クラス会に間に合わなかった「田村」を待つ。待ちながら各人の脳裏に浮かぶのは、過去に触れ合った印象深き人物たち。今の自分がこうなったのは、誰の影響なのだろう−。それにつけても田村はまだか?来いよ、田村。人生にあきらめを覚え始めた世代のある一夜を、軽快な文体で描きながらも、ラ... [Read More]

« 「白夜行」 | Main | 「治験」 »