« 「治験」 | Main | 「フェルマーの最終定理」 »

September 23, 2008

「カラスの親指」

「テツさんさあ……あんた、これからどうすんだよ」
 彼が転がり込んできた夜、武沢は缶ビールを飲みながら当たり前の質問をしてみた。Dr.スランプのコップからちびちびとビールをすすっていたテツさんは、全然当たり前ではない答えを返してきた。
「飛びたいです、自分」
 テツさんはそう言ったのだ。

「カラスの親指」道尾秀介著(講談社)   ISBN: 9784062148054

けちな中年詐欺師コンビ、タケさんとテツさんと、その同居人たち。それぞれの過去と決別するため、一世一代のコンゲームを仕掛ける。

気になっていた著者に初挑戦。ブロガーの間でも評判の一冊。爽やかで、気持ちよーくだまされました。単純なんだけど、ほかに言うべきことがないくらい。
とにかく憎めない魅力的な登場人物たちと、散りばめられた小さなギャグ、軽妙な会話を楽しんでいるうちに、伏線をすっかり見逃したが、まあ、だまされて悔い無し。たぶん、謎解きとしてはでき過ぎなんだろうけど、決して脳天気ではないから、切なさと一筋の希望が胸にしみて、納得してしまう。そのへんのバランスが、うまい。

足の小指を何かにぶつけて痛がる、そんな間抜けぶり、隠そうとしても隠しきれない「人の良さ」が、ささやかな人生を支えていく。いい映画になりそうな一冊です。キャストには、タケさんは光石研、テツさんは案外、木梨憲武とか? 「読者大賞」2008年新刊本ベスト4位。日本推理作家協会賞受賞。(2008・9)

カラスの親指〔道尾秀介〕 まったり読書日記
カラスの親指  道尾秀介  今更なんですがの本の話

« 「治験」 | Main | 「フェルマーの最終定理」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「カラスの親指」:

« 「治験」 | Main | 「フェルマーの最終定理」 »