« 「幕末バトル・ロワイヤル」 | Main | 「田村はまだか」 »

September 12, 2008

「白夜行」

「俺の人生は、白夜の中を歩いてるようなものやからな」
「白夜?」
「いや、何でもない」

「白夜行」東野圭吾著(集英社文庫)  ISBN: 9784087474398

大阪の下町で起きた、ある殺人事件。そこから19年にわたる、少女と少年の壮絶な軌跡。

人気作家の文句なしの傑作を、久しぶりに文庫で再読。筋を知っていても、面白さは全く色あせない。謎が謎を呼んでぐいぐい引っ張るミステリーであり、「悪」の悲しさで読む者を圧倒する人間ドラマでもある。

インベーダーゲームやハッカーなど、当時の時代背景を織り交ぜた緻密な構成に、改めて「うまい」と唸った。リアルな時代の描写はすなわち、主人公二人が生き抜いてきた時間の重さだ。
そして何といっても巧みなのは、徹底して乾いた筆致だろう。決して主人公の内面に立ち入らず、関わりをもった人々の視点から重層的に主人公に迫る。だから読むほどに、この類い希な悪女のことをもっと知りたい、という気持ちがかき立てられていく。そして知れば知るほど恐ろしく、また切ないのだ。ありきたりな「種明かし」に流れない、幕切れの一行が最高に鮮やか。(2008・9)

◎◎「白夜行」 東野圭吾 集英社 1,900円 1999/8  「本のことども」by聖月
「白夜行」東野圭吾 本を読む女。改訂版

« 「幕末バトル・ロワイヤル」 | Main | 「田村はまだか」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「白夜行」:

« 「幕末バトル・ロワイヤル」 | Main | 「田村はまだか」 »