« 「お能の見方」 | Main | 「白夜行」 »

September 11, 2008

「幕末バトル・ロワイヤル」

権力闘争はいつの時代にもあるが、幕末には特別それが煮詰まった状態になる。政治責任が重くのしかかってきて、ぎりぎりの当事者責任が問われるからである。ただ出世がしたいだけで老中になった輩は、猛烈な勢いで篩にかけられることになった。

「幕末バトル・ロワイヤル」野口武彦著(新潮選書)   ISBN: 9784106102066

著名な文芸評論家が、豊富な文献から意外なエピソード、スキャンダルをピックアップして幕末を語る歴史読み物。

前半は水野忠邦の台頭から失脚までの権力闘争、後半はペリー来航で混乱を極める幕府外交を描く。幕末といえばドラマチックな舞台だけれど、著者の視点はあくまで人間くさく、下世話だ。前半で繰り返される大名の配置転換の解説などは、現代の企業社会に通じるわかりやすさ。稚拙な財政再建策とか防衛の無策ぶりとか、なんだか似たりよったりというか、「週刊新潮」連載で人気を博しているのもうなづける。

ペリーの動静について来航の1年前に情報を掴んでおきながら、風説だとごまかして何も手を打たなかった官僚たち。否応なく傾いていく組織のありようが、ちょっと悲しい。(2008・9)

野口武彦「幕末バトル・ロワイヤル」  不知森の日記

« 「お能の見方」 | Main | 「白夜行」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「幕末バトル・ロワイヤル」:

« 「お能の見方」 | Main | 「白夜行」 »