« 「公認会計士VS特捜検察」 | Main | 「ポプラの秋」 »

August 23, 2008

「日暮らし」

 どっちにしろ、お恵は一度は泣かなくては済まなかったろう。恋女房ってのはそういうものだ、うん。
 佐吉は、平四郎の言葉を目で噛みしめているかのように、しきりとまばたきを繰り返している。

「日暮らし」宮部みゆき著(講談社) ISBN:9784062127363 (4062127369)  ISBN:9784062127370 (4062127377)

芋洗坂の屋敷でひっそりと暮らす女主人が殺された。面倒くさがりの同心・平四郎と、美形で「おつむり」も鋭い甥っ子の弓之助コンビが謎に挑む。

江戸下町ミステリーの名作「ぼんくら」に続く上下巻。まあ、当たり前だけど、宮部みゆきは本当にうまいです。舞台が現代のミステリーでは、同時代性を感じさせるテーマを必ず織り込んでいる。時代物のときはそれが無い分、人情の機微が前面に出て、うまさが際立つ。

下手人の疑いをかけられる植木職人の佐吉やら、豪快な煮売家のお徳やら、主要な登場人物が変わらず魅力的。加えて、どんな些細な脇役にも、そこにいて、そんな表情をするにはちゃんと理由がある。普通なら、それぞれを描写していくと、くどくなってしまうと思うのだけど、そこは宮部みゆき。達者な筆遣いでちっとも飽きさせず、するすると納得して読んでしまう。ちゃきちゃきした江戸っ子口調もあいまって、よくできた落語のような世界にとっぷり浸かることができる。精一杯生きてなお、踏みつけられる庶民の切実な怒り。そして怒りを乗り越えてまた、精一杯生きる営みというものが、胸にしみる。

お菓子とか仕出しのおかずとか、食べ物のディテールも印象に残った。本当にこの時代の人たちはこんなものを食べていたのかな、と想像しながら読む。そういうきめ細かさもうれしい。(2008・8)

「日暮らし」宮部みゆき  本を読む女。改訂版
「日暮らし」(上・下)宮部みゆき  *読書の時間*

« 「公認会計士VS特捜検察」 | Main | 「ポプラの秋」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「日暮らし」:

« 「公認会計士VS特捜検察」 | Main | 「ポプラの秋」 »