« 「日暮らし」 | Main | 「赤めだか」 »

August 23, 2008

「ポプラの秋」

ポプラの木は、行き場がないなんてことは考えない。今いるところにいるだけだ。そして私も、今、ここにいる。

「ポプラの秋」湯本香樹美著(新潮文庫)  ISBN:9784101315126 (4101315124)

突然父を亡くした七歳の私と母は、茫然自失のまま庭にポプラの木が茂るアパートに移り住む。そこには子供嫌いで、見るからに怖い大家のおばあさんがいた。

またまたSNS「やっぱり本を読む人々。」の推薦文庫。8月中に投票するつもりで、たくさんの推薦作のなかから薄いものを選んで読んだ。わずか200ページちょっとだが、いろんな思いが詰まった美しい物語だった。

まずチャーミングなのが、ポパイに似ていて、意地っ張りみたいな憎まれ口をたたく大家のおばあさん。孤独なあまり心にとげが生えてしまった少女に、ある日、お伽噺のような「取引」をもちかける。
事件らしい事件は起きないが、二人を中心とするアパートの住人たちの日常、ささいなやりとりが、コミカルで温かい。口下手なやもめのタクシー運転手、西岡さんの部屋で、日がな一日寂しさを紛らす落語が流れている、といったエピソードに、妙にしみじみしたりする。そうだよな、そういうときは落語だよな。

「取引」は18年もの時を経て、成長した少女の心の奥で固くなってしまったとげを癒す。人と人は愛すればこそ、寄り添えないことがある。傷つけてしまうことがある。だけど忘れられないのなら、届かなくても伝え続けるしかない。そうして元気を出して、高い秋の空の下、落ち葉を掃き、焚き火をし、お芋を焼くのだ。(2008・8)

『ポプラの秋』    都会の片隅で

« 「日暮らし」 | Main | 「赤めだか」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ポプラの秋」:

« 「日暮らし」 | Main | 「赤めだか」 »