« July 2008 | Main | September 2008 »

August 24, 2008

「赤めだか」

この人は天才だと思った。
「明日のポトフなァ、何を入れるか」
 と云いながら冷蔵庫の中から、またかまぼこを取り出して、
「挑戦してみるか」とつぶやいた。
 僕は少し気が遠くなった。

 昭和五十九年三月、なごり雪の降る日に僕は立川談志の弟子になった。

「赤めだか」立川談春著(扶桑社)  ISBN:9784594056155 (4594056156)

古典に定評ありといわれる人気噺家が、主に自らの前座時代を綴った大評判のエッセイ。

ひと言で言うと、評判通り。とにかくテンポと口調がいい。電車の中で何度も、声を出して笑ってしまい、最後の小さん師匠のエピソードでほろり。

登場人物がまさに落語だと思う。ノンフィクションというには職業柄、脚色が含まれるのかもしれないけれど。著者自らも、兄弟弟子たちも、彼らが畏怖と敬愛を抱く談志も、それぞれに、とんでもない奴というか、はちゃめちゃな言動を繰り広げる。理不尽な修業に耐えて二ツ目に昇進し、晴れて憧れの紋付を手に入れるという大事な資金を、なんで競艇の一発勝負で稼ごうとするのか。

彼らはしょっちゅう怠けたり、嫉妬したりもする。でも自分なりの情熱や意地が、ちゃんとあるのだ。著者自身を含めて人間を見つめる視線が、厳しく、それでいて温かいのが印象的。談志の名言どおり、底流にあるのは「人間の業の肯定」なのだろう。

一度だけ一門会で、談志さんと談春さんをみたことがある。「志の輔らくご」には結構足を運んでいる。チケットをとるのは大変だけど、もっと高座をみたいなあ、と思う。こういう芸にまつわる「歴史」を、当事者が記録しておいてくれる、ということも嬉しい。講談社エッセイ賞受賞。(2008・8)

「赤めだか」立川談春 あおちゃんのお茶ばなし
『赤めだか』 著者 立川談春  オナジソラノシタ

August 23, 2008

「ポプラの秋」

ポプラの木は、行き場がないなんてことは考えない。今いるところにいるだけだ。そして私も、今、ここにいる。

「ポプラの秋」湯本香樹美著(新潮文庫)  ISBN:9784101315126 (4101315124)

突然父を亡くした七歳の私と母は、茫然自失のまま庭にポプラの木が茂るアパートに移り住む。そこには子供嫌いで、見るからに怖い大家のおばあさんがいた。

またまたSNS「やっぱり本を読む人々。」の推薦文庫。8月中に投票するつもりで、たくさんの推薦作のなかから薄いものを選んで読んだ。わずか200ページちょっとだが、いろんな思いが詰まった美しい物語だった。

まずチャーミングなのが、ポパイに似ていて、意地っ張りみたいな憎まれ口をたたく大家のおばあさん。孤独なあまり心にとげが生えてしまった少女に、ある日、お伽噺のような「取引」をもちかける。
事件らしい事件は起きないが、二人を中心とするアパートの住人たちの日常、ささいなやりとりが、コミカルで温かい。口下手なやもめのタクシー運転手、西岡さんの部屋で、日がな一日寂しさを紛らす落語が流れている、といったエピソードに、妙にしみじみしたりする。そうだよな、そういうときは落語だよな。

「取引」は18年もの時を経て、成長した少女の心の奥で固くなってしまったとげを癒す。人と人は愛すればこそ、寄り添えないことがある。傷つけてしまうことがある。だけど忘れられないのなら、届かなくても伝え続けるしかない。そうして元気を出して、高い秋の空の下、落ち葉を掃き、焚き火をし、お芋を焼くのだ。(2008・8)

『ポプラの秋』    都会の片隅で

「日暮らし」

 どっちにしろ、お恵は一度は泣かなくては済まなかったろう。恋女房ってのはそういうものだ、うん。
 佐吉は、平四郎の言葉を目で噛みしめているかのように、しきりとまばたきを繰り返している。

「日暮らし」宮部みゆき著(講談社) ISBN:9784062127363 (4062127369)  ISBN:9784062127370 (4062127377)

芋洗坂の屋敷でひっそりと暮らす女主人が殺された。面倒くさがりの同心・平四郎と、美形で「おつむり」も鋭い甥っ子の弓之助コンビが謎に挑む。

江戸下町ミステリーの名作「ぼんくら」に続く上下巻。まあ、当たり前だけど、宮部みゆきは本当にうまいです。舞台が現代のミステリーでは、同時代性を感じさせるテーマを必ず織り込んでいる。時代物のときはそれが無い分、人情の機微が前面に出て、うまさが際立つ。

下手人の疑いをかけられる植木職人の佐吉やら、豪快な煮売家のお徳やら、主要な登場人物が変わらず魅力的。加えて、どんな些細な脇役にも、そこにいて、そんな表情をするにはちゃんと理由がある。普通なら、それぞれを描写していくと、くどくなってしまうと思うのだけど、そこは宮部みゆき。達者な筆遣いでちっとも飽きさせず、するすると納得して読んでしまう。ちゃきちゃきした江戸っ子口調もあいまって、よくできた落語のような世界にとっぷり浸かることができる。精一杯生きてなお、踏みつけられる庶民の切実な怒り。そして怒りを乗り越えてまた、精一杯生きる営みというものが、胸にしみる。

お菓子とか仕出しのおかずとか、食べ物のディテールも印象に残った。本当にこの時代の人たちはこんなものを食べていたのかな、と想像しながら読む。そういうきめ細かさもうれしい。(2008・8)

「日暮らし」宮部みゆき  本を読む女。改訂版
「日暮らし」(上・下)宮部みゆき  *読書の時間*

August 18, 2008

「公認会計士VS特捜検察」

戦後六二年、日本の司法は国民から切ないほどの信頼を得ているが、その実態はベールに隠されて、国民の目に触れることはなかった。

「公認会計士VS特捜検察」細野祐二著(日経BP社)   ISBN:9784822246211 (4822246213)

粉飾決算事件で刑事責任を問われた会計士が綴り、話題となった手記。

著者は1審、2審で有罪となり、最高裁に上告中だ。もとより一方の当事者の記述であり、この一冊だけでその言い分を理解し、評価するのは、素人の読者には難しいと思う。会計とか監査とかを取り巻く環境そのものが、過去10年弱の間に劇的に変化しているのだろう。

ただ、本論とは別のことだけれど、検察の取り調べなどの描写の生々しさには圧倒される。そして、そもそも事件を引き起こした原因である、経営者が陥った罠の度し難さにも。(2008・8)

August 16, 2008

「世界でいちばん幸せな屋上」

そうして分かったのは、「沈黙」というものはやはり、じつに苦いものである、ということであった。妙な結論かもしれないが、結局のところタクシーに乗ることは、そのような「見知らぬ沈黙」と同席することではないかと、私はつくづく思い知ったのである。

「世界でいちばん幸せな屋上」吉田音著(ちくま文庫) ISBN:9784480422941 (4480422943)

クラフト・エヴィング商會のひとり娘で中学生の吉田音(おん)と、父の友人で学者の円田(つぶらだ)さんを主人公にした、「ミルリトン探偵局」シリーズの第二弾。円田さんの飼い猫が、ふらふら出歩いてはくわえて帰ってくる「小さな謎」から、様々な空想を広げる。

SNS「やっぱり本を読む人々。」の推薦文庫を、旅先で開いてみた。山あいで蝉の声を浴びながら、ぽつりぽつり読むのは、なかなか快適な時間だった。

下北沢から横浜、イギリスのどこか北のほうにある町へと舞台を移しつつ、シナモンの香りとか「70年のニール・ヤング」といった小道具で、エピソードをつなげていくところが、うまい。全編に漂うのは、青春のほろ苦い感じ。破綻のない「趣味の良さ」が、なんとも上品だ。

坂本真典氏の写真も楽しめてお得。いつか、ホテル・ニュー・グランドに泊まってみたいなあ。(2008.8)

「世界でいちばん幸せな屋上-ミルリトン探偵局シリーズ2」吉田音 本を読む女。改訂版
世界でいちばん幸せな屋上Boleroミルリトン探偵局シリーズ2 読書狂日記

アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ / ニール・ヤング  A DAY IN THE LIFE WITH MUSIC

« July 2008 | Main | September 2008 »