« 「リヴァイアサン号殺人事件」 | Main | 「ロシア 闇と魂の国家」 »

June 08, 2008

「無言の旅人」

「大切な人が切実に望んでいることを、妨げたり気付かないふりをしたりするのは、ひどいことだからね。僕はそういうことは極力しない。あなたも、そういうことはしない人だと思う」

「無言の旅人」仙川環著(幻冬舎)    ISBN:9784344014497 (4344014499)

交通事故で意識不明になった男性。その「望み」をかなえるべきなのか、家族や婚約者、医師たちは苦悩する。

力作だと思う。テーマは命の選択。巻末に掲げられた参考・引用文献を眺めただけでも、とても重い。しかも重いということが、誰にもわかっている。読者を裏切ったり驚かせたりするのは、ほとんど不可能といっていいテーマだろう。あえていうならば、エンタテインメントとして、非常に足枷が多い。

けれど著者はこのテーマを、そして愛する人の意思を理解するということの、この上ない困難を丁寧に、抑制をきかせて描いていく。例えば「半落ち」(横山秀夫著)などと比べると、この小説の筆致は時に、淡泊に感じるくらいだ。どんなに深刻な苦悩に直面していても、人は生きている限りお腹がすくし、食べるために働いたりもしなければならない。婚約者、公子の働く女性としての爪、そして華やかな妹、香織の爪との対比といった、何気ない日常の描写がリアルだ。

意外性とか興奮は、薄いかもしれない。300ページ強と、さほど長い小説でもない。しかし重いテーマを、あえてこういう形にまとめたことに、著者の気構えのようなものを感じる。

一人ひとりの存在はかけがえがなく、そしていつだって「書きかけのメール」なのだ。(2008・6)

無言の旅人  図書館司書の読書日記
無言の旅人   読書の薦め
無言の旅人 仙川環  活字中毒者の小冒険2

« 「リヴァイアサン号殺人事件」 | Main | 「ロシア 闇と魂の国家」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「無言の旅人」:

« 「リヴァイアサン号殺人事件」 | Main | 「ロシア 闇と魂の国家」 »