« May 2008 | Main | July 2008 »

June 29, 2008

「ロシア・ロマノフ王朝の大地」

ピョートル大帝の時代からの二〇〇年間で、ロシアの領土は平均すると一日につき四〇〇平方キロメートルの割合で増加した(東京都の面積は約二二〇〇平方キロだから、せいぜい六日分ということになる)。

「ロシア・ロマノフ王朝の大地」土肥恒之著(講談社)   ISBN:9784062807142 (4062807149)

「興亡の世界史」シリーズ。ロシア社会史研究者が描くロシア史。

ロマノフ王朝を中心にしつつ、前提となる13世紀の「タタールのくびき」から説きおこして、ソビエト連邦の成立と崩壊までもカバー。アジアとヨーロッパの狭間におこった独特な国家の、全体の流れがわかる。筆致も教科書のようで、淡々としており読みやすい。

帝国の時代の、東へ、南へという拡大ぶりは、島国育ちの想像を超える感じがある。だから農民の間に、遠くの地への「移住をいわば理想化」する志向が強まり、結果的に狭い土地で工夫する農業の集約化や増産が遅れた、という指摘は興味深い。

ロシア史について、ブロガー推薦の本を続けて読んで、ずいぶん勉強になった。この後は、何かロシア関連のエンタテインメントを探してみよう。(2008・6)

June 21, 2008

「サンクト・ペテルブルグ」

ペテルブルグはあらゆる意味で巨大な存在なので、「ペテルブルグ学」とでも呼びうる独特の学問・評論領域がある。

「サンクト・ペテルブルグ」小町文雄著(中公新書) ISBN:9784121018328 (412101832X)

在ソ連日本大使館勤務の経験を持つ著者が、「幻想都市」の名所と歴史を案内する。

個人的「ロシア強化月間」第二弾。「素人」向け観光ガイドのかたちをとっており、地図や写真も入っていて読みやすかった。著者自身、「罪と罰」の舞台といわれる街角を訪ね歩くあたり、ちょっとミーハーで親しみがもてる。しかし、真面目に理解しようとすれば、やっぱり複雑で奥が深くて、一筋縄ではいかない。

スラブとアジアの重みを抱えつつ、ヨーロッパに向かって開かれた「近代化の窓」という、成り立ちからして何とも人工的な都市。帝政時代には官僚などとして、大勢のドイツ人が移り住んでいたようなのに、後に悲惨な独ソ戦も経験する。数々の悲劇と矛盾。博物館の展示順の「ハチャメチャ」(混乱)ぶりから、宿命的な混沌に思いをはせるくだりが印象的だ。(2008・6)

June 16, 2008

「のぼうの城」

 秀吉は、三成の返答をきくなりそう命じ、続けて、三成のその後の人生を決定付ける運命的な下知を与えた。
 「館林城を落せば、武州忍城をすり潰せ」
 そして同時に武州忍城も、戦国合戦史上、特筆すべき足跡を残した城として、運命付けられたのだった。

「のぼうの城」和田竜著(小学館) ISBN:9784093861960 (409386196X)

秀吉天下統一の終盤、小田原征伐。石田三成率いる2万の大軍に、忍(おし)城わずか2千の兵が闘いを挑む。指揮官は、領民からでくのぼうと呼ばれる男だった。

08年上半期の話題作を読んだ。評判通り、一気に読める戦記物。まず、忽然と水に浮かぶ忍城の姿が、宮崎アニメ「千と千尋の神隠し」の一場面のようで絵になる。そして歴史に残る名勝負は、それだけでドラマチックだ。

著者はこの舞台に、魅力的な登場人物を配してテンポのいい娯楽作を生み出した。活躍する武将3人は冷静な丹波、豪腕の和泉、美青年靱負(ゆきえ)。まさに講談の王道「三銃士」の取り合わせに男勝りのヒロインが加わり、乱暴なやりとりが歯切れ良くユーモラスだ。

しかも彼らを率いる主人公、成田長親(ながちか)の造形が、ダルタニヤンとは180度かけ離れているのが憎いところ。運動神経ゼロのぬうぼうとした大男で、領民から面と向かってバカにされている。何を考えているのか、あるいは何も考えていないのか、勇者か臆病者か、正か邪か。不思議な掴みどころのなさで、300ページを引っ張っていく。

意地に生きる悲運の男、三成との対比もうまい。どんなマニュアルも逸脱した「天然」のリーダー。側にいたらイライラするだろうなあ、と思いながらも、拍手を送ってしまう。映画化にも期待。(2008・6)

「のぼうの城」和田竜  しんちゃんの買い物帳

June 12, 2008

「ロシア 闇と魂の国家」

ロシアはわからない、という嘆きは、ロシアはもとより、欧米人の間にもゆるぎない事実としてある。ヨーロッパとアジアを両足でまたぐロシアに対し、一種のバイアスのかかった畏怖や憧憬が今もって欧米圏に広く存在することは、ロシア論なるジャンルの興隆がこれを物語っている。

「ロシア 闇と魂の国家」亀山郁夫、佐藤優著(文春新書)       ISBN:9784166606238 (4166606239)

「カラマーゾフの兄弟」新訳で話題をまいたロシア文学者と、異能の外交官が語り合うロシアという国。

私的「ロシア強化月間」第一弾に選んだのだけれど、ハイレベルすぎた。文豪とか、キリスト教会の分裂とか、スターリンとか、基礎知識が全くないので、感想を書くほど理解できていない。情けないです。
そんななかで、東京外語大学長という要職にある亀山氏の、ドストエフスキーとロシアへの愛の深さ--凍てつく大地や、繰り返し現れる「独裁者」も含めて--だけは、とてもよく伝わってきて印象的。(2008・6)

 ロシア 闇と魂の国家  read read read

 

June 08, 2008

「無言の旅人」

「大切な人が切実に望んでいることを、妨げたり気付かないふりをしたりするのは、ひどいことだからね。僕はそういうことは極力しない。あなたも、そういうことはしない人だと思う」

「無言の旅人」仙川環著(幻冬舎)    ISBN:9784344014497 (4344014499)

交通事故で意識不明になった男性。その「望み」をかなえるべきなのか、家族や婚約者、医師たちは苦悩する。

力作だと思う。テーマは命の選択。巻末に掲げられた参考・引用文献を眺めただけでも、とても重い。しかも重いということが、誰にもわかっている。読者を裏切ったり驚かせたりするのは、ほとんど不可能といっていいテーマだろう。あえていうならば、エンタテインメントとして、非常に足枷が多い。

けれど著者はこのテーマを、そして愛する人の意思を理解するということの、この上ない困難を丁寧に、抑制をきかせて描いていく。例えば「半落ち」(横山秀夫著)などと比べると、この小説の筆致は時に、淡泊に感じるくらいだ。どんなに深刻な苦悩に直面していても、人は生きている限りお腹がすくし、食べるために働いたりもしなければならない。婚約者、公子の働く女性としての爪、そして華やかな妹、香織の爪との対比といった、何気ない日常の描写がリアルだ。

意外性とか興奮は、薄いかもしれない。300ページ強と、さほど長い小説でもない。しかし重いテーマを、あえてこういう形にまとめたことに、著者の気構えのようなものを感じる。

一人ひとりの存在はかけがえがなく、そしていつだって「書きかけのメール」なのだ。(2008・6)

無言の旅人  図書館司書の読書日記
無言の旅人   読書の薦め
無言の旅人 仙川環  活字中毒者の小冒険2

June 04, 2008

「リヴァイアサン号殺人事件」

「こんなこともできますよ。目隠しをして、その人の立てる音や匂いからその人についていろいろなことがわかります。なんだったら、確かめてみてください」
 そして白いサテンのネクタイをとって、クラリッサに渡した。

「リヴァイアサン号殺人事件」ボリス・アクーニン著(岩波書店)ISBN:9784000246347 (4000246348)

19世紀末、パリの富豪邸で起きた大量殺人。刑事は容疑者を追い、スエズ運河からインドへと処女航海に向かう豪華客船「リヴァイアサン号」に乗り込む。

ロシアのベストセラー。印象は、様々なミステリーの要素を詰め込んだ、遊び心満載の一冊という感じ。客船に乗り合わせ、謎解きに挑む外交官ファンドーリンは頭脳明晰な美青年で、ホームズばりの洞察力をみせつける。客船という密室で起きる殺人事件と、それぞれ曰くありげな乗客たちの人間模様はクリスティ風だし、東洋の財宝を狙う謎の女詐欺師や、ドタバタの舞台回し役を演じる刑事のキャラクターはルパンものを彷彿をさせる。そういう「いかにも」な雰囲気を、楽しんで読んだ。

ミステリーとしては、さほど凝ってはいないかもしれない。しかし、多国籍な登場人物同士のやりとりの中に、当時の欧州列強の軍拡競争やら、西洋と東洋の相容れなさやらが、嫌みにならない程度に散りばめられ、知的な雰囲気がある。著者がもともと日本文学者とあって、日本人アオノが登場し、ことあるごとに陳腐な句をひねるのもご愛敬だろう。
そして、ひとり悲しみの淵に沈むストークス氏の独白が、なんだか余韻を残す。「ペンギンの憂鬱」の沼野恭子訳。(2008・6)

『リヴァイアサン号殺人事件』 を読んで。  貼雑帖
『リヴァイアサン号殺人事件』  わかばの日記2nd

« May 2008 | Main | July 2008 »