« 「ゴールデンスランバー」 | Main | 「悪人」 »

May 11, 2008

「傭兵ピエール」

 ジャンヌはいいたいことをいってしまうと、ひとりで膨れ面をつくった。どう機嫌をとったものか。ピエールは途方に暮れて視線を下げた。
 --俺はいつも損な役だ。

「傭兵ピエール」佐藤賢一著(集英社文庫)   ISBN:9784087470154 (4087470156)   ISBN:9784087470161 (4087470164)

15世紀、フランス。百年戦争末期を舞台に、ジャンヌ・ダルクと傭兵ピエールが繰り広げる恋と冒険。

個人的なことだが先日、文楽鑑賞を初体験した。いろいろ感想はあるのだけれど、ひとつ改めて感じたことがある。それは、他愛ない嫉妬や恋のさや当て、それから「○○、実は○○」という登場人物の「正体明かし」は洋の東西と問わず、物語世界の普遍的な要素だということ。文楽、歌舞伎はもちろん、モーツアルトのオペラにも、シェイクスピアにも顔を出す。そして佐藤賢一という人は、まぎれもなく現代に生きながら、このいわば古典的な要素をきっちり構築できる、希有な作家だと思う。

「王妃の離婚」に続いて、佐藤作品を読むのはまだ2作目。下世話さがより濃厚で、文庫で上下巻を読み通すと少し胃もたれするくらいだ。こういう下世話さの印象は、男と女の造形に負うところが大きいと思う。つまり、ジャンヌはあくまでも正論ばかりを言い立てる、狭量で世間が見えていない愚かな女。一方のピエールは、仕事ができて部下に慕われているけれども、徹底的に女にだらしなく、暴力的で高潔さのかけらもない男。ピエールの視点から描かれる二人の対比は、なんとも俗っぽい。好き嫌いは分かれるだろうけど、これこそが古今東西、庶民の心をとらえてきた「物語のツボ」なのかもしれない。

しばし現実を忘れ、芝居小屋ならおひねりを投げたいようなクライマックス。読んでいる間はあまり意識しないけれど、時代や舞台の選び方もうまい。現代からかけ離れているが、全くピンとこないわけでもない感じの設定だ。 (2008・5)

「傭兵ピエール」佐藤賢一  日々是読書日記

« 「ゴールデンスランバー」 | Main | 「悪人」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「傭兵ピエール」:

» 救国の聖女と陰の男:傭兵ピエール [本読みの記録]
傭兵ピエール〈上〉 (集英社文庫)作者: 佐藤 賢一出版社/メーカー: 集英社発売日: 1999/02メディア: 文庫 傭兵ピエール〈下〉 (集英社文庫)作者: 佐藤 賢一出版社/メーカー: 集英社発売日: 1999/02メディア: 文庫 漫画化もされている本書。 歴史を元にした、if系の小説なのだが、非常に深い知識に裏打ちされていて違和感がない上に、小説としての完成度も高く、一気に読んでしまう出来である。 傭兵ピエール 1 (1) (ヤングジャンプコミックス)作者: 佐藤 賢一出版社... [Read More]

« 「ゴールデンスランバー」 | Main | 「悪人」 »