« 「あなたの余命教えます」 | Main | 「リヴァイアサン号殺人事件」 »

May 29, 2008

「Carver’s Dozen」

これはなんというか、立派な人が一人もでてこない立派な小説です。

「Carver’s Dozen」レイモンド・カーヴァー著、村上春樹編・訳(中公文庫)  ISBN:9784122029576 (4122029570)

村上春樹が愛する短編、詩、エッセイを収めた「レイモンド・カーヴァー傑作選」。1編ずつ、冒頭に村上春樹の短い解説が付いていて、引用はその中の一節だ。

あらかじめ筋書きを知っていても、読んでしみじみとしたり、はっとしたりするのは何故だろう。突然、掃除機のセールスマンが家に訪ねてくる「収集」の、居心地の悪さ。名前はつけられないけれど、何か大切なものを見つけた感じがする「大聖堂」。そして何といっても、一人息子が誕生日の朝に事故に遭ってしまう夫婦を描いた、「ささやかだけれど、役に立つこと」。

理不尽な人生に対する深い悲しみと、悲しいからこそ感じることができる小さな温かさ。泣けます。本を読む楽しみを噛みしめる一冊。(2008・5)

レイモンド・カーヴァー傑作選/レイモンド・カーヴァー  ここではないどこかへ

« 「あなたの余命教えます」 | Main | 「リヴァイアサン号殺人事件」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「Carver’s Dozen」:

« 「あなたの余命教えます」 | Main | 「リヴァイアサン号殺人事件」 »