« 「眼の誕生」 | Main | 「傭兵ピエール」 »

April 24, 2008

「ゴールデンスランバー」

開くと、懐かしい字が目に入り、思わず眼を細めてしまう。「俺は犯人じゃない。青柳雅春」の文字があった。
「知ってるって」

「ゴールデンスランバー」伊坂幸太郎著(新潮社)  ISBN:9784104596034 (4104596035)

仙台で勃発した未曾有の首相暗殺事件。訳も分からず「オズワルド」にされた青年がたどる、必死の逃避行2日間。

私は嫌いな食べ物がほとんど無いので、「食わず嫌い王決定戦」に出ることになったら困るなあ、なんてよく考える。だが、作家には「食わず嫌い」が結構あり、その一人がこの著者だった。比較的初期の1作だけ読んだことがあるのだけれど、どうも肌が合わないと感じ、その後、ブロガーの間で大人気なのを知りつつも、なんとなく手が出なかった。

で、ようやく今回の話題作を読みました。なにしろ「本屋大賞」「読者大賞」ぶっちぎり2冠のエンタメ大作。いやー、一気読みでした! スピードとユーモアがたっぷり、陰惨な暴力やお色気はなし。5ページにひとつ、というくらいの伏線大盤振る舞い。そして主題は「人間の最大の武器は信頼」。ディズニーの大人向け映画のように、爽やかで実によくできている。食わず嫌い、返上です。

勝手ながら、主人公の青柳のイメージは「巻き込まれ型つながり」で玉木宏。いや、年齢が合うのは伊藤英明でしょうか。ただ一人、貴重な不気味さを放つキャラクターの三浦は、藤原竜也。それから、出番は少ないけれど意外と説得力が必要なのが、樋口晴子の夫ではないかと。まっとうな普通人の懐の深さを感じさせる人で、加瀬亮さんとか… いろいろ想像するのも楽しい。山本周五郎賞も受賞。

ちなみに読んでる間のカバーはSNS「本を読む人々。」のかたがたが作ってくれた綺麗な「限定ブックカバー」でした。他にも種類があって素敵です。自慢。 (2008・4)Cover_2

「ゴールデンスランバー」伊坂幸太郎  本を読む女。改訂版
伊坂幸太郎【ゴールデンスランバー】  ぱんどらの本箱
『ゴールデンスランバー』 伊坂幸太郎  Roko’s Favorite Things

« 「眼の誕生」 | Main | 「傭兵ピエール」 »

Comments

COCO2さん☆こんばんは
「そんな綺麗にご飯を食べるわけがない!」という理由で信じてくれた元彼女、「ちゃっちゃと逃げろ」と言ってくれたお父さん。どんな時でも信じてくれる人がいるって、ステキなことですね!

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ゴールデンスランバー」:

» 『ゴールデンスランバー』 伊坂光太郎 [Roko's Favorite Things]
ゴールデンスランバーposted with amazlet on 08.02.0 [Read More]

« 「眼の誕生」 | Main | 「傭兵ピエール」 »