« 「盗聴 二・二六事件」 | Main | 「私の男」 »

February 24, 2008

「本泥棒」

リーゼルは最初の棚に沿って手の甲を走らせ、それぞれの本の背表紙に爪があたるときの音に耳を傾けた。楽器のような、あるいは走っている足音のような音がした。今度は両手を使ってみた。両手を走らせた。ひとつの棚ともうひとつの棚に。それからリーゼルは声を出して笑った。

「本泥棒」マークース・ズーサック著(早川書房)  ISBN:9784152088352 (4152088354)

ナチス政権下のミュンヘン郊外。貧しい里親に預けられた少女、リーゼルは小さな本泥棒だったーー。

ブロガー絶賛の小説を読んだ。この物語は、お風呂で読むには向かない。680ページものボリュームのせいではない。一つひとつの章が短くてテンポが良く、なにより面白くて、つい長風呂になってしまうのだ。

著者は75年生まれと、意外に若いオーストラリア人。物語のベースには、独裁政権当時の史実や、著者がドイツとオーストリア出身の両親から聞いたという戦時下の悲劇がある。しかし、戦争の悲惨さ、人類の愚かさを声高に訴える印象はない。
むしろ、リーゼルが本を盗み出すときのどきどきする感じや、やんちゃな親友ルディとのほのかな恋が、爽やかに胸に染みる。そして、心優しいアコーディオン弾きの養父、たんすみたいな体型の、口の悪くて料理が下手な養母、打ちのめされてもリングに立ち続けるユダヤ青年らとリーゼルとの、たどたどしいけれど深い交流。

どうしてこんな名場面を思いつくのだろうと唸るような、みずみずしいエピソードがたくさん出てくる。閉塞した地下室で、リーゼルが生き生きと独創的な言葉で外の天気を語る場面。それから町長夫人の書斎で、棚いっぱいの本に出会って、ただその存在に喜びがこみ上げる場面…。
青年は、「わが闘争」のページを白く塗って、その上にほんものの自分の闘争について書き綴る。泣けた。言葉は、人をどうしようもなく誤らせることもあるけれど、人を支えることもあるのだ。ちっぽけで、ぼろぼろになっていても、決して折れない人の尊厳を。入江真佐子訳。(2008・2)

「本泥棒」マークース・ズーサック/入江真佐子訳  本を読む女。改訂版
本泥棒〔マークース・ズーサック〕  まったり読書日記
本泥棒(マークース・ズーサック)   りぼんの読書ノート
語るに忍びざるもの~『本泥棒』をめぐって・その2     読書地図


« 「盗聴 二・二六事件」 | Main | 「私の男」 »

Comments

トラックバックありがとうございました。『わが闘争』の上から自分の物語を書き付けるユダヤ人の青年って、それも本当にすごい発想ですよね。他の方のレビューを読んでいると、まだまだ自分が書き残したことがあるなあと思い知らされます。もう一回読んで、もう一度全く違うレビューが書けそうな気がしてきます。そのくらい色々なものが詰まった小説。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「本泥棒」:

« 「盗聴 二・二六事件」 | Main | 「私の男」 »