« 「その数学が戦略を決める」 | Main | 「繁殖」 »

January 23, 2008

「グロテスク」

『あなたもあたしも同じ。和恵さんも同じ。皆で虚しいことに心を囚われていたのよ。他人からどう見られるかってこと』

「グロテスク」桐野夏生著(文藝春秋)  ISBN:9784163219509 (4163219501)

昼は一流企業勤務、夜は街娼。淀みの底で命を落とした女性と、彼女を取り巻く人々のモノローグ。

題材になっている事件は、参考文献にもある「東電OL殺人事件」(佐野眞一著)などで、あまりに有名。女性心理や冤罪の疑惑について、いろいろと語られてきた。そのうえ小説のなかの登場人物はみな、徹底して救いがないというか、出口がない。2001年から2002年の連載中に週刊文春で読んだという知人の男性は、ひとこと「胸が悪くなった」と感想を漏らしていた。

だが今回、500ページ以上の厚さを案外、苦にせず読んだ。確かに暗いし後味も最悪だが、気分はむしろ淡々としていた。かなり覚悟していたせいなのか。間違いなく言えるのは全編を通して、何かを解き明かそうとか、女性に共感しようとか社会を非難しようとか、そういう「狙い」があまり感じられなかったということ。

容貌、優秀さ、豊かさ、理想のライフスタイル。そういう足枷って、実はありふれたものではないか。これだけの異様さをしつこく描きながら、「普通」という強靱な軸を感じさせる。この作家の並々ならぬタフさを、改めて思う。泉鏡花文学賞受賞。(2008・1)

「グロテスク」桐野夏生 本を読む女。改訂版

« 「その数学が戦略を決める」 | Main | 「繁殖」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「グロテスク」:

« 「その数学が戦略を決める」 | Main | 「繁殖」 »