« 「グロテスク」 | Main | 「赤朽葉家の伝説」 »

January 30, 2008

「繁殖」

「食中毒なの?」
 惨めな気分でうなずいた。それと同時に、電話が鳴った。野村が素早く受話器を上げた。
「はい、分かりました。保健所へは私どもから……」
 野村の声がどこか遠くから聞こえてくるようだ。胃の辺りが絞られるように痛んだ。

「繁殖」仙川環著(小学館文庫)   ISBN:9784094082302 (4094082301)

楽しい幼稚園での食事会が暗転した。子供たちが次々に、嘔吐や腹痛に見舞われたのだ。しかも単純な食中毒ではないらしい。苦悩する教諭の聡美と、恋人の桧垣。

「小さな物語」だ。環境問題やバイオテクノロジーを背景にはしているが、驚異の技術とか息詰まるアクションは登場しない。結末の「納め方」もちょっと消化不良。代わりに、登場人物たちの目の前にいる恋人や妻子への思いが、丹念に描かれる。可愛い子供たちの写真を使ったカバーの印象がぴったり。

「医療ミステリー第3弾」と銘打っているものの、そういうシリーズ感はあまりない。もしかしたら、何か全く違ったタイプの物語への、小さな助走なのか。たて続けに発刊となる次作が気になる。(2008・1)

« 「グロテスク」 | Main | 「赤朽葉家の伝説」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「繁殖」:

« 「グロテスク」 | Main | 「赤朽葉家の伝説」 »