« 「H5N1」 | Main | 「中原の虹」 »

December 06, 2007

「その日」

「惚れて惚れぬいた女が、信ちゃんを思うあまり、なにもかもうち捨てて守りにきたんだよ。冥利に尽きようぜ。ここは黙って、守ってもらうのが男だと思うがな」
「参った。ぐうの音も出ないや」

「その日」杉本章子著(文藝春秋) ISBN:9784163264004 (4163264000) 

幕末の江戸を襲った安政の大地震。呉服太物店美濃屋の若旦那、信太郎と許嫁おぬいを取り巻く「その日」前後の人模様。

「信太郎人情始末帖」シリーズの6作目。実はシリーズと気づかずに初めて読み、人間関係を飲み込むのにちょっと苦労したのだけれど、それがさほど気にならないくらいに、丁寧な筆致にぐっと引き込まれた。

姑に何かと辛くあたられても、信太郎を思い抜くおぬい。誠意のない商人に毅然と立ち向かい、筋を通す信太郎。十歳の子どもに至るまで、登場人物が皆健気だ。市井の人々の、静かな覚悟がすがすがしい。

地震という特大のクライマックスはあるものの、全体にはむしろ淡々として、余白の多い文章。会話を主体に、少ない「説明」で、きちんと登場人物それぞれの心の揺れを伝える。愛おしいから腹が立ち、腹が立つけど愛おしいーー。

喜怒哀楽は裏表。もしかすると、近頃よく聞く「手軽に泣ける本」の対極に位置する一冊かもしれない。できればこういう風に、感情を噛みしめて暮らしたいものだなあ、なんて思ってしまう。黒地に百合の装丁も粋。(2007.12)

義理と人情!それは古くて新しい ~推薦本vol.15  日々これ精進

にほんブログ村 本ブログへ

« 「H5N1」 | Main | 「中原の虹」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「その日」:

« 「H5N1」 | Main | 「中原の虹」 »