« 「夜明けの街で」 | Main | 「楽園」 »

November 21, 2007

「映画篇」

「夜の川って怖いよね」僕は川面を見ながら、言った。「いつゴジラが出てきてもおかしくないように見えるよね」
 龍一は慌てて上半身を起こし、川面をじっと見つめた。
「ほんとだ。すげぇ、こえー」
 龍一はそう言って、楽しそうに足をばたつかせた。そして、いったん堤防を下り、手のひらの大きさほどの石を近くから拾ってきたあと、出て来いゴジラ! と叫びながら、川に向かって石を思い切り投げた。

「映画篇」金城一紀著(集英社)  ISBN:9784087753806 (4087753808)

映画をテーマにした連作。夏休みの最後の日、ある町の区民会館で開かれた「ローマの休日」上映会で交錯する人間模様。

ドラマ「SP」の脚本で、また話題をまいている作家の書き下ろしを読む。そういえば子供のころ、初めてまともに映画館で観たのは「ロッキー」だった。読み進むうち、大きなスクリーンで観た、あの「負け試合」の感動が蘇ってきた。友だちに夜中に電話して、好きな映画について夢中で話す。連作全体に流れる、そんなストレートでくすぐったい感触が、まず魅力的だ。

若者の逃避行から家族愛まで、1作ごとに設定はいろいろ。ストーリーとしては、「甘い」といえるかもしれない。でも、登場人物の誰もが、何かに向かって闘おうとし始めているから、読後感が明るい。「GO」を読んだとき、「僕は勉強ができない」(山田詠美著)と並んですべての中学生の必読書だと思ったものだけど、1968年生まれで、みずみずしさが全く衰えていないのは、すごいことではないいだろうか。自転車に乗るシーンが目立つのも、いい感じだ。

それにしても、ブロガーが皆さん触れているのは、作中で繰り返し出てくる「有名な賞をとっているけど、ものすごくつまらないフランス恋愛映画」。何だろう? 観たいとは思わないけれど、気になる… (2007.11)

「映画篇」金城一紀  ナナメモ
映画篇 金城一紀   粋な提案

読者大賞blog 

にほんブログ村 本ブログへ

« 「夜明けの街で」 | Main | 「楽園」 »

Comments

TBありがとうございました。
「有頂天家族」にTBさせていただきました。
TBいただけたらうれしいです。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「映画篇」:

» 映画篇 金城一紀 [粋な提案]
扉画は鴨居まさね。装丁は岩瀬聡。書き下ろし短編集。 太陽がいっぱい:作家になった僕と永花の再会。甦る龍一との映画の日々。…再生。 ドラゴン怒りの鉄拳:夫を喪った主婦のわたしとビデオ店員鳴海との交流。…決意。 恋... [Read More]

« 「夜明けの街で」 | Main | 「楽園」 »