« 「真夜中の五分前」 | Main | 「いよよ華やぐ」 »

October 13, 2007

「黒い陽炎」

「『県議会百条委員会が証言を必要とするのなら、行ってありのままを証言しなさい』と町長が送り出してくれた。いかん事はいかん、証言に立ったのはその思いだけです」
 取材班に対し、幹部職員はそう振り返った。が、プレッシャーたるや相当なものだったに違いない。

「黒い陽炎」高知新聞編集局取材班著(高知新聞社) ISBN:9784875033219 (4875033214)

「ミスター県庁」と呼ばれた実力副知事らが、12億円もの背任容疑で起訴された高知県庁の闇融資事件(07年8月に実刑確定)の記録。平成13年度新聞協会賞受賞した平成12年3月からおよそ1年半にわたる報道をまとめた。

だいぶ前に知人に聞いて、気になっていたノンフィクションを読む。スクープをきっかけにしているが、衝撃の事実をえぐり出したといった気負いは感じられない。議会の追及、県警の捜査、そして公判。むしろ淡々と経緯を記していく。
実際のところ、この事件には、県知事を除けば著名人が登場するわけでもなく、複雑怪奇な悪事の仕掛けが繰り広げられるわけでもない。県民でない読者からみれば、確かに被害の巨額さなどで常軌を逸してはいるが、どこか「ありふれた」感じさえしてしまう。

だからこそ、怖いのだと思う。「今までもそうしてきたから」「前例を逸脱すると、ややこしいことになるから」…。きっかけはそういう、ありがちな思考回路、行動パターンなのだ。様々な地域、組織で、日常と隣り合わせのところに罠は潜んでいるのだろう。(2007・9)


« 「真夜中の五分前」 | Main | 「いよよ華やぐ」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「黒い陽炎」:

« 「真夜中の五分前」 | Main | 「いよよ華やぐ」 »