« 「いよよ華やぐ」 | Main | 「烈風」 »

October 29, 2007

「ししゃも」

自分はこの町の色に染まっていくのではない。この町とともに、色を変えていくのだ。

「ししゃも」仙川環著(祥伝社) ISBN:9784396632854 (4396632851)

リストラで一流商社を辞めた恭子が、やむなく戻った北国の故郷で出合う「虹色のししゃも」。この珍しい魚を巡って、町おこしの一大騒動が始まる。

医療ミステリーのイメージがあるこの作家としては、異色の題材。失踪事件と、その謎解きはあるものの、ストーリーの中心はミステリーというより、さびれた地方都市の人模様だ。挫折を挽回しようとする主人公の、やや身勝手な町おこしへの情熱が、平凡な住民たちの心をかき乱す。小さなセットで展開する、昼の帯ドラマのような味わいだ。

虚勢や反発、あつれき。ささやかで平凡だけれど、人間関係のひだが細やか。(2007・9)

« 「いよよ華やぐ」 | Main | 「烈風」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ししゃも」:

« 「いよよ華やぐ」 | Main | 「烈風」 »