« 「探偵ガリレオ」 | Main | 「蒼穹の昴」 »

August 18, 2007

「しゃばけ」

ねえ、佐助たちは何ていう妖なの? お堀の河童? それともお墓の幽霊?」
 この問いに祖父や妖達が笑っている。どうやら河童ではないようだった。
「犬神と申します」
「白沢と申します」

「しゃばけ」畠中恵著(新潮文庫)  ISBN:9784101461212 (410146121X)

江戸・京橋近くの大店の若旦那、一太郎が薬種問屋殺しに巻き込まれた。一太郎は小さいころから病弱で、しょっちゅう寝込んで半分幽閉されているような暮らしだけれど、助けてくれる者が大勢ついている。人ではない、妖(あやかし)たちが。

評判の「しゃばけ」シリーズ第一作をようやく読んだ。「若だんな、笑い事じゃぁ、ありません」。落語のような江戸言葉のリズムが心地よい。

そして摩訶不思議な妖たちがチャーミングだ。小さいころから若旦那の身近にいて、役に立とうとしたり、相手にされないとすねたりする。派手な衣裳の色男で、時に憎まれ口を叩く「屏風のぞき」や、ちょろちょろする小鬼たち。柴田ゆうの挿絵が生き生きしている。

でも、ウェブで検索してみると、犬神の伝説とか白沢(はくたく)とか、本性はかなり怖いぞ。人間の欲やこの世の悪を知り尽くしながら、素顔を隠してひっそりと生きるものたち。そんな存在に囲まれて暮らす一太郎は、世間知らずにみえて、実は芯の強さを隠し持つ。しかもまだ17歳なんだなー。

ひょうひょうとした筆致だが、なかなか一筋縄でいかない物語世界だ。(2007・8)

畠中恵「しゃばけ」    drunker's high

しゃばけ(畠中恵)  のほ本♪

「しゃばけ」畠中恵  AOCHAN-BLOG

にほんブログ村 本ブログへ

« 「探偵ガリレオ」 | Main | 「蒼穹の昴」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「しゃばけ」:

« 「探偵ガリレオ」 | Main | 「蒼穹の昴」 »